2019年12月22日

徘徊歳時記 ’19-54 もう幾つ寝ると

2019.12.20 003Bl.jpg 2019.12.20 017Bl.jpg 2019.12.21 055Bl.jpg

2019.12.22

徘徊歳時記 ’19-54
もう幾つ寝ると

 “もう幾つ寝るとお正月”私達の幼少期にはこの様に唱っていたと記憶しています、今では“もう幾つ寝るとXmas”の方が実状に合っているように感じますが、其れとも今時の子供達はゲームに夢中でそんな詩すら眼中に無いのでしょうか。

 11月の下旬辺りから何かに取り付かれたように撮影に出掛けています、祇園祭の時期を除いて通常は週に2回前後ですが、ここ一ヶ月は1日置きのペース、4日連続と云う事もありました。 今年の紅葉は例年に較べると2週間ほど遅れていたのですが、遅れた分だけ綺麗な紅葉が長く続きました、写真を撮影する者に取ってはこの上無いチャンスの歳だったのでは無いでしょうか。 もう幾つ寝れば紅葉の季節が終るのだろう、こんな事を考えるくらい撮影に力が入っていたように思います。

 添付写真の一枚目と二枚目は、一昨日に善福寺公園の下池で撮影しました。 銀杏の葉が池の水面に落ちたところですが、銀杏の黄葉も此れで終わりでしょうか、楓の紅葉は1週間ほど前に終っていました。
 三枚目の写真は昨日撮影した井之頭公園の池の水面です。 波紋が面白かったので撮影したのですが、京唐紙とか和の文様に在りそうに思いませんか、何かに使えないかと画策しています。

posted by kazz at 17:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月16日

徘徊歳時記 ’19-53 紅葉の錦

2019.12.15 036Bl.jpg 2019.12.15 083Bl.jpg 2019.12.15 135Bl.jpg

徘徊歳時記 ’19-53
紅葉の錦

 前回のブログで井之頭公園の紅葉を645のカメラで撮影したと書きました、翌12日も撮影に出たのですがチョット頑張り過ぎました。 朝9時に645Dを持って家を出て大田黒公園へ、11時半に家に戻ってカメラを取り替えて今度は玉川上水へ、家に居た時間は30分も無かったと思います。 玉川上水と井之頭公園の野球場の周りを撮影して、家に戻ったのは15時を過ぎていたでしょうか。 やはり気張り過ぎですよね、年寄りの冷や水です、次ぎの日はキツク成るだろうと覚悟していたのですが、翌々日の14日に疲れがやって来ました、やはり齢です。

 天気が好かったので性懲りも無く玉川上水に出掛けました、12日と同じ物を撮影していても仕様がないので、目線を変えてみました。

 添付写真の一枚目は風に揺れる紅葉です、木偏に風と書いて楓です、風に揺れる楓の紅葉です。
 二枚目の写真は和服の柄げす、黄緑、黄、橙、朱と川面に浮かぶ紅葉の錦、こんな模様がお目に留れば幸いです。
 三枚目は枇杷の花です、実は何度か撮影していますが、花を撮影するのは今回が初めてかと記憶しています。

 チョット面白い初冬が撮影出来たのかなと感じています。

posted by kazz at 19:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月11日

徘徊歳時記 ’19-52 トウカエデ

2019.12.10 174Bl.jpg 2019.12.10 124Bl.jpg 2019.12.10 011Bl.jpg

2019.12.11

徘徊歳時記 ’19-52
トウカエデ

 ここ一週間ほどは毎日のように撮影に出ています、今日は大田黒公園、昨日が善福寺公園、そして一昨日は645Dによる井之頭公園での撮影でした。 この一週間は天気の好い日ばかりではありません、と言うよりは曇っていた日が大半だったように記憶しています。  楓や銀杏の黄葉や紅葉ばかりを撮影していたのですが、曇っていた方が結果オーライではないかと感じています。 小学校で習った唱歌に『秋の夕日に照る山紅葉〜』と謂うのがありますが、この絵面ですと空と紅葉のバランスが上手く調整出来ません、色補正は必要ですが曇り空の方が上手く撮影出来るのですが、ただ単に私が下手なだけなのでしょうか。

 添付写真の一枚目は、昨日善福寺公園で撮影したトウカエデの落ち葉です。 紅く色付くイロハモミジなどとは、葉の形も色も違いますが楓の仲間です、漢字で書きますと『唐楓』だと思います。
 二枚目の写真は桜の黄葉です、同じく善福寺公園での撮影です、背景の赤茶色は台湾檜が紅葉した枝だろうと思うのですが?
 三枚目も善福寺公園です、こちらは池の水面近くまで伸びた楓の紅葉です、イロハモミジだろうと思います。

posted by kazz at 16:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月07日

徘徊歳時記 ’19-51 紅葉、黄葉

2019.12.06 025Bl.jpg 2019.12.06 082Bl.jpg

2019.12.07

徘徊歳時記 ’19-51
紅葉、黄葉

 昨日もケッコウ寒かったのですが、今日は今シーズン1番の寒さだそうです。 武蔵野界隈は紅葉そして黄葉の真っ只中です、昨日は井之頭公園とその周辺を散策しました、今日は昨日撮影したポジションを645のカメラでの撮り直しです。 こんな目論見で出掛けたのですが、1時間もしないうちにポツポツと落ちて来ましたので、撮影は早々に中止です。 645のカメラは修理代が高く着くので雨の中での撮影は致しません、横浜辺りでは雪もチラポラとの事ですので、此れよりはマシかなと云ったところでしょうか。 昨日撮影したのは紅葉と黄葉だけです、意外に武蔵野らしさも撮れていたようです。

 添付写真の一枚目は楓の紅葉です、紅葉と書きましたが何方かと云えば黄葉の方が正しいかもしれません、否いや緑色の部分も残っています。 玉川上水が井之頭公園に入ろうとしている処、万助橋の袂で撮影しました。
 二枚目の写真は井之頭公園です、井之頭と言っても池の辺りでは有りません、池の西側を登ったところ動物園の向かい側です、武蔵野の雑木林がお目に留れば成功なのですが。 このカットは645の為の絵面でしょうか。 

posted by kazz at 15:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月03日

徘徊歳時記 ’19-50 水面

2019.12.03 010Bl.jpg 2019.12.03 037Bl.jpg 2019.12.03 118Bl.jpg

2019.12.03

徘徊歳時記 ’19-50
水面

 師走になりました、天気が安定しない日々が続いています、井之頭公園の紅葉はここ一週間が見頃のようです。

 一枚目の写真は井之頭公園の池の辺りで撮影したススキです、背景の黄葉がもう少し残っていると面白く成るのですが。 薄の撮影も此れが最後になるのでしょうか。 
 二枚目の写真の水鳥ですが名前は不明です、鳥に関する資料が手元に有りません。 花だけならまだしも、鳥までは手に負えません。
 三枚目の写真は、紅く色付いた楓の葉が池に落ちて、水面に浮いているところなのですが、このパターンは椿の季節にも撮影しました。 椿の時期ですと水面は黒ですが、この季節ですとは紅葉が写り込んで面白く成りました。

 今回は井之頭公園の水面三題です、寒く成ったこの時期によくヤルナと言われそうです。

posted by kazz at 17:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月29日

徘徊歳時記 ’19-49 冬にバナナ

2019.11.29 103Bl.jpg 2019.11.29 068Bl.jpg 2019.11.29 173Bl.jpg

2019.11.29

徘徊歳時記 ’19-49
冬にバナナ

 今日は11月29日、明日で11月も終りその後は師走、クリスマスそして年の瀬です。
 1週間ほど前に京都の紅葉が始まったと、京都から帰って来た知人から聞いていたのですが。 前回のブログでも書きました様に、武蔵野界隈の楓の紅葉はまだ少し早いのではと思っていました。 

 今日の昼前後に荻窪に有る大田黒公園に行ってきました、色付いている木も在りましたが、庭全体を見渡せばまだ少し早い状態です。 大田黒公園は去年も撮影していますが、11月末が見頃だったと記憶しています、ここは楓の紅葉と銀杏の黄葉が同時に撮影出来ます。

 添付写真の一枚目は楓の紅葉です、葉のアップとか一枝だけを撮影するのであればOKなのですが、庭をワイドレンズで撮影するにマダ無理が在ります。
 二枚目の写真は富貴草(フッキソウ)です、春に咲く花だそうでこの季節に咲いているのは狂い咲きだそうです、撮影中の私の背後を通ったご夫人が話していました。
 三枚目は熱帯植物のバナナです、其れも冬に入ったこの季節にです。 こちらは大田黒公園の近所に在る、荻外荘(テキガイソウ)の庭で撮影しました。

posted by kazz at 18:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月25日

徘徊歳時記 ’19-48 お茶の花

2019.11.24 006Bl.jpg 2019.11.24 024Bl.jpg 2019.11.24 092Bl.jpg

2019.11.25

徘徊歳時記 ’19-48
お茶の花

 今日は霧の濃い朝でした、一日中こんな空模様なのでしょうか。 ここ数日雨でしたので撮影にも出られず、金曜日にはヨドバシカメラに用事が有ったのですが、其れも放ったらかして家でグウタラしていました。

 昨日は昼前に雨が上がり青空を覗かせた時間もあったので、そのチョットの合間を見計らって井之頭公園の撮影に出ました、そして帰りにヨドバシの用事も済ませました。 先日撮影した吉祥草の再挑戦と、柿の照り葉の撮影が目的だったのですが、濡れていた為でしょうか柿の葉の紅が今一パットしません、こちらは又の機会に挑みます。

 添付写真の一枚目は秋の田村草だと思います、花の近くにネームプレートが立てられていたので間違い無いと思います。 手元の資料に拠れば、シソ科の草本でサルビアなどと同族の花だそうです。
 二枚目は茶の花です、そうです煎茶や抹茶のお茶の木の花です、今回の撮影でこの季節に花を咲かせる事を知りました。
 三枚目は紅葉と黄葉ですが、広葉樹が黄葉を始めたのは二週間ほど前だったでしょうか、楓の葉が紅葉を始めたのはここ数日かと思います。

posted by kazz at 10:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月19日

徘徊歳時記 ’19-47 暖かい

2019.11.19 082Bl.jpg 2019.11.17 002Bl.jpg

2019.11.19

徘徊歳時記 ’19-47
暖かい

 昨日の夕方あたりから季節外れの暖かさになって、今朝そして昼間と暖かさが続いていました、この様な陽気を小春日和と言うのでしょうか、其れともインデアン・サマーと呼ぶのでしょうか。 しかし明日には木枯1号が吹くのではないかとの天気予報です。

 この暖かさに誘われて今日は井之頭公園に出掛けました、また一昨日も玉川上水を1時間ほど歩きました。 チョット面白い花を見付けましたので添付致します。

 一枚目の写真は、井之頭公園の池の周りで撮影した吉祥草です。 公園内の掲示板で紹介されていたので知りました、高さ10cmほどの小さな花ですので、前を通過しても見逃してしまうかもしれません。 吉祥寺の吉祥草です。
 二枚目の写真はサフランです、一昨日玉川上水で撮影したのですが、クロッカスのチョット大きな花、何故この季節にと思っていました。 ネットで調べたところ、サフランは浅葱クロッカスとも呼ばれ、クロッカスは花サフランとも呼ばれ、双方ともアヤメ科クロッカス属でした。

posted by kazz at 20:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月15日

徘徊歳時記 ’19-46 桜を見る会

2019.11.14 011Bl.jpg 2019.11.14 039Bl.jpg 2019.11.14 050Bl.jpg

2019.11.15

徘徊歳時記 ’19-46
桜を見る会

 桜をタイトルにするのは11月に入って二度目です、総理大臣主催の桜を見る会が来年は中止になったと、TVのニュースで報道されていました。 議員先生達が税金を使って後援者達に媚を売るのはどうかと思いますが、桜を見る会自体は面白い催しだと思います。 只、せこく税金を使うのでは無く、税金を集めるための催し物にしたら如何でしょうか。 国の運営に功績が有った人達をご招待するのとは別に、国会議員の推薦に因る一般参加者を有料で集めたら如何でしょうか。 ご招待は1,000人程度、有料の一般参加者は1万人ほど、料金は5万円では高すぎますか、芸能人やスポーツ選手に逢えるのならば決して高くは無いと思います。 この際ツアーを組んで選挙資金を集める事には目を瞑りましょう、その代わり一般参加者が起こした問題は、推薦した議員に取って頂きましょう。 又、議員だけではなく、省庁も税金を集める組織に変えられない物でしょうか、税金を集めるのは財務省と云った考えを変えませんか、警察庁も、文部科学省も、環境省も全ての省庁が税金を集めるのです。

 添付写真の一枚目は桜の杜で撮影した十月桜です、なぜか昨日も撮影したのですがこの季節の桜は勢いに欠けます、弱々しくて頼りなくあの潔さが在りません、何かを暗示している様です。
 二枚目と三枚目の写真は善福寺公園で撮影した物です、森のアート展なる催しなのですが、木や下草を傷めているだけの様にしか見えません、ご自分達で森を育てるところから始めては如何でしょうか。

posted by kazz at 14:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月12日

徘徊歳時記 ’19-45 黄葉

2019.11.11 056Bl.jpg 2019.11.11 084Bl.jpg

2019.11.12

徘徊歳時記 ’19-45
黄葉

 大相撲の九州場所が始まりました、二日目を終って横綱and大関は総崩れです。 横綱と大関の一人ずつが休場、残り三人の大関横綱も全員にツチが着いて、何とも情けない状況です。 新旧の入れ替え時期なのでしょうか。

 昨日は午後のチョットの晴れ間を見付けて、井之頭公園の池の周りを1時間ほど徘徊しました。 山茶花が咲き始めていたり、落葉樹が黄色く色付き始めたりと、冬にまっしぐらと云ったところでしょうか。

 添付写真の一枚目ですが、貴船菊だと思うのですが如何でしょうか、間違っていたらご指摘下さい。 貴船菊はキク科では無く、キンポウゲ科アネモネ属だと手元の資料に在りました、俗名は秋明菊だそうです。
 二枚目の写真は黄色く色付き始めた落葉樹です。 この様な風景を見ると、晩秋から初冬に季節が進んでいる事が判ります。

posted by kazz at 13:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする