2022年06月10日

徘徊歳時記 ’22-33 名も知れぬ花

22.06.09 036Bl.jpg 22.06.10 121Bl.jpg

2022.06.10

徘徊歳時記 ’22-33
名も知れぬ花

 関東地区はもう梅雨に入ったのでしょうか、それとも未だ梅雨入り前なのでしょうか。 朝曇っているかと思えば昼には陽が射して、夕方にはパラパラして来たり、また朝に陽が射していても昼からは如何成るのか判らない、この時季らしいと言えばその一言で片付けられてしまう様な、そんな天気が続いています。

 この様な季節は紫陽花の花を撮影するのが最良だと思うのですが。 7日は井の頭公園、9日、10日は桃園川緑地を徘徊したのですが、曇り空だったり雨上がりだったりで、紫陽花の撮影には最適だったと思います。 紫陽花の合間に名前の分からない花に出くわします、取り敢えず撮影して家に戻って調べて見たのですが判明しません。

 添付写真の一枚目は、9日に桃園川緑地で撮影しました。 二枚目の写真も桃園川緑地ですが、こちらは10日の撮影です。
 9日は神田川に注ぐ辺り、10日は阿佐ヶ谷に近い所での撮影です。

 まもなく祇園祭が始まります、PENT645Dの点検もしなければなりません、しかしながらリコーイメージングとはいまだに膠着状態です、リコーイメージングの社長宛に出した書面が、開封されずに戻って来てしまうのですから、何か良い方策が有りましたらご教授願います。

posted by kazz at 19:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年06月06日

徘徊歳時記 ’22-32 アジサイ2題

22.06.04 115Bl.jpg 22.06.02 101Bl.jpg

2022.06.06

徘徊歳時記 ’22-32
アジサイ2題

 今日は6月6日、朝から雨が降っています。 昨日は一日中、いつ雨が落ちて来てもおかしくない雲行きでしたが、外が明るい間は何とか持ち堪えた、その様な状況でした。
 ここ数日の空模様を考えて見ると、東京地区も梅雨に入ったのかな、こんな事を感じさせる状況です。

 雨が降ると徘徊に出ない、撮影には出掛けない、一般的にはこれで良いのでしょうが、梅雨が始まって祇園祭が終了するまでの2ヶ月弱は、雨でも撮影に出て来ました。 曇りや雨の日を避けていると撮影できる日が無くなってしまう、それも有りますが雨の日の方が面白い作品になる、こちらの方が大きいかと思います。 その様な状況で6/2(木)と6/4(土)は徘徊に出ています、2日は善福寺公園とその付近、4日は桃園川緑道を歩きました。

 添付写真の一枚目は4日に撮影したアジサイですが、ネームプレートには「スミダノハナビ」と書かれていました。 隅田川の花火大会をイメージしての命名だと思うのですが、
20コマほど撮影したうちの、花火に1番見えそうなカットをご覧頂くことにしました。
 二枚目の写真も紫陽花だと思うのですが、2日に撮影しました。 花弁も葉も今まで見て来たアジサイとはチョット違っている様に思います、詳細をご存知でしたのならば、ご教授願います。

posted by kazz at 13:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年06月01日

徘徊歳時記 ’22-31 ドクダミ

22.05.31 018Bl.jpg 22.05.28 091Bl.jpg

2022.06.01

徘徊歳時記 ’22-31
ドクダミ

 今日から六月です、祇園祭まではあと一月です。 待ちどうしいも有るのですが、しかし今年はどこまで戻るのだろう、こちらの方が頭を悩ませます。

 今日は朝から曇り空です、朝起きた時間帯は風が強かったのですが今は静かです、雲は残っていますがドンヨリでは無く以外に明るい状況です、外は蒸しているのでしょうか。 昨日は桃園川緑道へ紫陽花の撮影に出ました、撮影目的が有りましたので徘徊には当たらないかも、今日はデータ整理に励んでいます。 3連での徘徊、撮影にはチョット厳しいものがあります、一日置きor2日徘徊して次の日はデータ整理、此の位の方が身体には良い様に感じます。

 添付写真の一枚目は紫陽花です、昨日桃園川緑道に出掛けた成果です。 分類的には額紫陽花に成るのでしょうか、花の彩と容が面白かったのでシャッタを押しました。
 二枚目の写真は八重のドクダミです、28日に井の頭公園のジブリの脇の庭で撮影したものです、ピントが今一ですがご覧頂くことにしました。 八重のドクダミは一月ほど前に、何方様かのSNSでお見掛けした様な記憶があります、あちら様の写真の方がお上手だった様に思います。

posted by kazz at 13:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月27日

徘徊歳時記 ’22-30 七変化

22.05.24 015Bl.jpg 22.05.25 105Bl.jpg

2022.05.27

徘徊歳時記 ’22-30
七変化

 今日は朝から雨でした、今はもう落ちて来ていませんが、空は厚い雲に覆われてドンヨリとした状態に変わりありません、いや雲の切れ間から青空が微かに見えます。 月、火、水と3日間続けて出歩いていましたので、いささか疲れて昨日は家に居りました、今日はこんな天気ですので結果的に連休に成ってしまいました。

 梅雨時の花が咲き始めています、この季節は雨に濡れながら撮影するのが良いのでしょうが、この歳になりますとその様な事をすると後の始末が大変になります。 雨の日の散策ではコロナに関する心配は薄く成るのでしょうが、濡れて体が冷えると疲れやすくなりますし、風もひき安くなります。

 一枚目の写真は紫陽花です、24日に善福寺川の辺り和田堀公園で撮影したものです。 咲き始めてから梅雨が明けて真夏になるまでの2ヶ月ほどの間、花の色がだんだんと濃く成って行きます。 色が変化して行くところから、七変化との別名もあるそうですが、私の好きな花の一つです。
 二枚目の写真は、25日に桃園川緑道で撮影したものですが。 葉蘭の上に落ちたカルミアの花弁です、チョット面白いかな、こんな感覚で撮影してみました。

posted by kazz at 14:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月22日

徘徊歳時記 ’22-29 センダン

22.05.19 039Bl.jpg 22.05.20 169Bl.jpg

2022.05.22

徘徊歳時記 ’22-29
センダン

 この数週間ほどは晴れ・曇り・雨と、1週間ほどの周期で天気が動いている様な気がしてなりません。 今日は雨に成るとの予報でしたが、正午を過ぎた今のところ雨が落ちてくる気配はありません。 近々では19日、20日とキャメラを持っての徘徊に出ていましたが、昨日そして今日は家で写真の整理に励んでいます。
 昨年の暮れまでに撮影したものに関しては、「何とか整理が付いたかな!」こんな状況ですが、今年撮影した写真に関してはまだまだの状態です。

 19日は玉川上水を徘徊、20日は善福寺公園を歩きました、前回のBlogでも書きましたが、世間は既に初夏では無く梅雨から夏の状況です。

 最初にご覧頂くのは茱萸(グミ)の実です、玉川上水で撮影しました。 色の付き方を見るとチョット早い様子ですが、完熟した方が良いのか、写真の様に熟す少し前の方が良いのかは、「撮影される方のご趣味かな」と考えています。
 二枚目の写真はセンダンの花です、木の幹に掛けられた名札にはセンダンと書かれていましたので、栴檀だと誤解していました。 手元の資料によれば、「栴檀は双葉より芳し」のビャクダンではなく、センダン科の落葉高木で、古くは楝(オウチ)と呼ばれていた植物だそうです。

posted by kazz at 13:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月18日

徘徊歳時記 ’22-28 紅い鉄線

22.05.14 037Bl.jpg 22.05.14 089Bl.jpg

2022.05.18

徘徊歳時記 ’22-28
紅い鉄線

 昨日までは空模様が思わしく無かったので、14日の徘徊を最後に控えていました、今日は久々に陽が射して良い天気、勇んで出かけたのですが、勇んで徘徊はチョットおかしいかもしれません。 兎に角その様な状況での徘徊なのです、善福寺川緑道を歩いたのですが春の花は当然の如く終わっています、初夏の花も時期を過ぎてしまっている状態でした。

 この様な状況ですので撮影意欲をそそられる被写体に巡り合えません、2時間ほど徘徊し、1シャッタも切れずに戻る羽目に成ってしまったので、本来の意味での徘徊になってしまいました。 今日のところは、14日に善福寺川の界隈で撮影したもので、ご勘弁をいただきます。
 14日も今日も善福寺川界隈なのですが、単に善福寺川とした時は善福寺公園の下池の池尻から、JRの荻窪駅と西荻窪駅の中間くらいの場所でJRのガードを潜る迄としています。 善福寺緑道とした時には、ガードから少し下流に下がった辺りから環七辺りまでの、緑地公園に成っている場所と分けて使用しています。

 ご覧頂く一枚目の写真ですが、この花は鉄線なのでしょうか? この花は赤系ですが、隣には濃い青と紫の良く見掛ける鉄線も咲いていました。
 二枚目は写真ですが、菖蒲、アヤメ、杜若この類の花なのですが、私にはハッキリとした分類ができません。 花弁に水滴が付いていました、朝まで降っていた雨の残りなのか、それとも水撒きをしたのか、この種の花には良く会うな、と思いながら撮影しました。

posted by kazz at 19:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月13日

徘徊歳時記 ’22-27 もう梅雨ですか

22.05.10b 071Bl.jpg 22.05.11 098Bl.jpg

2022.05.14

徘徊歳時記 ’22-27
もう梅雨ですか

 ゴールデン・ウイークが終わって通常に戻ったかなと思っていたら、今度は梅雨に入ったかの様な毎日です、確かに沖縄は梅雨入りしたと報じられています。 特に今日は梅雨の様な雨です、明日は昼から陽が射すとの予報です。

 若葉の季節なのに雨降りと云うのは鬱陶しい限りです、パラパラくらいの雨ならば此れはコレで面白いのですが、梅雨の様な雨ですと紫陽花の花が待ちどうしい限りです。 10日は桃園川緑道を、11日は玉川上水を徘徊したので、その時に撮影した写真をご覧頂きます。

 一枚目の写真は、桃園川緑道で撮影した立浪草(タツナミソウ)です。 以前に何度か撮影した記憶があります、花の脇のネームプレートで名前が解りました、不勉強で恐縮ですが何とかお見せ出来る写真が撮れました。
 二枚目の写真は、玉川上水で撮影した楓の花です、楓の花は私的に読んでいる事で正規の名称は解りません、こちらも不勉強の極みです。 この楓の花ですが前々回のブログ(5/4付)でもご覧頂きましたが、こちらの方が出来が良さそうなので再度アップ致しました。

posted by kazz at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月08日

徘徊歳時記 ’22-26 G.W.終了

22.05.07 002Bl.jpg 22.05.06a 178Bl.jpg

2022.05.08

徘徊歳時記 ’22-26
G.W.終了

 ゴールデン•ウィークも今日でお終い、明日からは静かな日常が帰って来るのでしょうか。 長期の休暇は終わっても、コロナもロシアの問題もまだまだ収まりそうにもありません。 コロナにはマスクもワクチンも有りますし、自分で気を付けるなどの対策もありますが、しかし対ロシアに関しては手詰まりの感があります。

 4日は徘徊をサボって、休養を取りながらこのブログを書いていました、5日からは3連チャンで徘徊に出ましたので、流石に疲れて今日は休養日です。 5日は玉川上水、6日は神田川界隈、そして7日は新宿御苑を徘徊したのですが、玉川上水ではサクランボに再挑戦です。 前回27日に撮影した時にはまだ緑色だったのですが、今回の撮影は丁度熟した時期と重なってベストな作品になりました。

 一枚目の写真は定家葛(テイカカズラ)です、新宿御苑で撮影しました。 姫蔓日々草の白い花だと思って撮影していたのですが、ネームプレートが眼に入りました。 新宿御苑でもゲートの中ではなく、正面口と大木戸口を結ぶフリー通路です。 手元の資料によれば、藤原定家の墓に生えていた事からの命名だそうです。
 二枚目の写真は山法師です、神田川の界隈で撮影しました。 青梅街道の橋の袂から中野区川の小道を下流に少し行った辺りです。 4/24付のブログ「徘徊歳時記 ’22-23」で山法師と花水木の区別が良く判らないと書きました、双方の写真を見比べて下さい。

posted by kazz at 13:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月04日

徘徊歳時記 ’22-25 百合木

22.05.02 077Bl.jpg 22.05.02 118Bl.jpg 22.05.03 032Bl.jpg

2022.05.04

徘徊歳時記 ’22-25
百合木

 五月に入りました、今日は4日、みどりの日です、昨日が憲法記念日、そして明日はこどもの日です。 私が高校を卒業して就職した時は、4日は休日では無く、3日と5日は飛び石連休でした、歳が判ってしまう様な書き込みに成ってしまいました。 休日を増やすのは良い事なのでしょうか、「渋滞と混雑が増えるばかり」こんな着眼点も在るのでは、「有給休暇の取得の推進」こちらを進めれば渋滞も混雑も分散するのではと、サラリーマン時代から感じていました。

 昨日と一昨日は徘徊に出ました、今日は家でノンビリしています、2日続けて撮影に出るとチョット疲れが出ます、これも歳の為せる技でしょうか。一昨日は善福寺川の緑道公園を、昨日はJR中野駅の周辺を徘徊したのですが、一昨日はみどりの日を、昨日はこどもの日を撮影する事が出来ました、添付写真の通りです。

 一枚目の写真は百合木(ユリノキ・モクレン科)です、2日に善福寺川の緑道公園で撮影しました。 桐の葉の様だがチュッと小さめかな、こんなノリで葉だけを撮影していたのですが、花が咲いている、幹の表面の状態が違う、こんな疑問が湧いて来ます。 周りを見渡すと隣の幹にネームプレートが付いています、こんな状況ですのでもちろん撮影するのは初めてです。
 二枚目は楓です、一枚目から数十メートル下流での撮影です。 赤い竹とんぼの様なもの、私的には楓の花と読んでいるのですが、チョット可愛くはないですか。
 三枚目はコイノボリです、JR中野駅北口の商店街サンモールで昨日撮影しました。 中野区内の小学生が製作したモノだそうです。

posted by kazz at 13:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年04月29日

徘徊歳時記 ’22-24 G.W. start

22.04.25a 046Bl.jpg 22.04.27 028Bl.jpg 22.04.28 142Bl.jpg

2022.04.29

徘徊歳時記 ’22-24
G.W. start

 今年もゴールデン・ウイークがスタートしました。 今日は4月29日、私が若かった頃は天皇誕生日と言われていました、昭和天皇が崩御されてからはミドリの日と呼ばれるようになり、休日はそのまま残され、そして今は昭和の日と名称が変わっています。
 休みが多い事が嬉しかった時代もありました、今では鬱陶しいだけ、休日を外して徘徊をするようにしています。 G.W.中の祭りも多いのですが、コロナ感染が始まる前あたりから撮影に出ていません、撮り残している全国祇園祭、全国山車祭が少なく成って来たのもその一因かも知れません。

 ここ1週間ほどは天気の関係で、隔日くらいのペースで徘徊しています。 天気の良い日の徘徊は勇んで出掛けるのですが、徘徊に出られない日は低気圧の関係で身体がだるく、データ整理をするような気にすら成れないのが現実です。
 それでも花などの撮影は飽きずに続けています、ご覧ください。

 一枚目の写真は小判草です、バックのブルーは姫蔓日々草です。 25日に桃園川緑道で撮影しました、これはまだミドリですが、茶色に成ってからも面白いと思います。
 二枚目はサクランボです、食用に栽培しているモノ以外は大抵が5mmほどですが、この木に付ける実は10mmほどになります。 27日に玉川上水の三鷹から少し下流の辺りで撮影しました。
 三枚目の写真はエビネです、荻窪の大田黒公園で撮影したものです。 花の脇に立てられているプレートには蝦根と書かれていましたが、手元の資料では化偸草or海老根と成っています、とにかくラン科の花には間違いなさそうです。

posted by kazz at 14:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする