2020年08月03日

祇園祭 ’20–16 コロナ祇園祭総括

2020.07.24b 178Bl.jpg

2020.08.03

祇園祭 ’20–16
コロナ祇園祭総括

 祇園祭なんとか終わる事が出来ました。 疫神社の夏越の祓を撮影して、8月1日8時30分、京都駅発の高速バスで帰ってきました、吉祥寺に戻ったのは17時でした。

 東京に居る間は、祇園祭はとにかく中止こんな情報ばかりでした、清々講社が何か動いているとの情報が薄々は入ってきましたが、詳細はまるで掴めません。 表の情報では全面中止、しかし裏では何か代わりの神事なり祭礼が行われる事だけは分かりました。
 こんな状況で9日の夕方に京都に到着して、あとはひたすら情報の収集です、鉾建も曳初めも無いが、神輿洗いは有りそうだ。 山鉾曳廻しも神輿渡御も行われ無いが、何か代わりのイベントがありそうだ、こんな曖昧な情報ばかりが飛び交っています。

 とにかく何かワクワクさせられる愉しい祇園祭でした、疫病退散で始まった祭礼ですが、過去には応仁の乱や太平洋戦争などの戦乱のため、中止になった事はありました。 しかし今年の様な事は初めてだったのでは無いでしょうか、千年に一度の祇園祭と言っても過言では無い様な気がします。

 添付の写真は、仮の分霊を背負った白馬が、神泉苑での祭典を終えて鳥居を潜って外に出てきた処です。 祇園祭の原点である神泉苑の御霊会、こんな事を想像しながら撮影に臨みました。
 神泉苑には鳥居はありますが、現在は仏教施設です行われたのは神事なのかどうかは、私には想像できません。

posted by kazz at 19:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: