2019年12月11日

徘徊歳時記 ’19-52 トウカエデ

2019.12.10 174Bl.jpg 2019.12.10 124Bl.jpg 2019.12.10 011Bl.jpg

2019.12.11

徘徊歳時記 ’19-52
トウカエデ

 ここ一週間ほどは毎日のように撮影に出ています、今日は大田黒公園、昨日が善福寺公園、そして一昨日は645Dによる井之頭公園での撮影でした。 この一週間は天気の好い日ばかりではありません、と言うよりは曇っていた日が大半だったように記憶しています。  楓や銀杏の黄葉や紅葉ばかりを撮影していたのですが、曇っていた方が結果オーライではないかと感じています。 小学校で習った唱歌に『秋の夕日に照る山紅葉〜』と謂うのがありますが、この絵面ですと空と紅葉のバランスが上手く調整出来ません、色補正は必要ですが曇り空の方が上手く撮影出来るのですが、ただ単に私が下手なだけなのでしょうか。

 添付写真の一枚目は、昨日善福寺公園で撮影したトウカエデの落ち葉です。 紅く色付くイロハモミジなどとは、葉の形も色も違いますが楓の仲間です、漢字で書きますと『唐楓』だと思います。
 二枚目の写真は桜の黄葉です、同じく善福寺公園での撮影です、背景の赤茶色は台湾檜が紅葉した枝だろうと思うのですが?
 三枚目も善福寺公園です、こちらは池の水面近くまで伸びた楓の紅葉です、イロハモミジだろうと思います。

posted by kazz at 16:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: