2019年11月08日

徘徊歳時記 ’19-44 立冬

2019.11.07 007Bl.jpg 2019.11.07 052Bl.jpg

2019.11.08

徘徊歳時記 ’19-44
立冬

 今日は立冬、朝から寒かったので昼に出掛ける時には、今年初めて革ジャンを着て出たのですが、しかし14時頃には暑く成って来ました。

 ここ2週間程の事でしょうか、大臣の玉突き辞任やら、大学入試における民間試験の導入やらと、官邸周りは何かと騒がしいのですが、今日も阿部総理の山口県の後援会の事で予算委員会が紛糾しています。 萩生田文科大臣を守るために、英語の民間試験を延期or中止にしたのでは、と息巻いている解説者もおります。 中国の諺に『泣いて馬謖を斬る』と謂うのが在りますが、守った筈だった馬謖を斬るだけでは済みそうに在りません、屋台骨まで切られる事になるかもしれません。

 昨日は玉川上水と神田川の界隈を徘徊したのですが、チョット季節がズレている様に感じます。 添付の写真は双方とも神田川沿いで撮影しました。
 一枚目の写真は白粉花です、色の具合が面白かったので撮影しました。 三鷹台の駅から100m程上流に歩いた線路脇で撮ったものです。 
 二枚目の写真は紫御殿と呼ばれる花で、ツユクサ科ムラサキツユクサ属です。 こちらは三鷹台駅と井之頭公園駅の中間位の処で撮影しました。
 手元の資料では双方の花とも、花期は夏から秋にかけてなのですが、今日は立冬です。
 
posted by kazz at 17:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: