2019年01月29日

徘徊歳時記 ’19-06 春の萌し

2019.01.29 013Bl.jpg 2019.01.29 110Bl.jpg

2019.01.29

徘徊歳時記 ’19-06
春の萌し

 今日は朝から強風が吹き荒れていました、大寒に入ってからも風の無い日は暖かいのですが、今日の様に風の強い日は陽が射していてもやはり冬です、寒い一日でした。
 今日のように風が強くては撮影も侭成らないだろうと覚悟はして、でも毎日家に居たのでは身体も鈍るし、そんなコンナでカメラを持って井之頭公園に出かけました。

 井之頭公園の池は周囲の住宅地と較べると低い場所に在ります、因って池の周囲では風も大分和らぎます。 風が無い訳ではありません陽が射していましたので、ASA感度を800程度まで上げてタイミングを計れば十分撮影出来ます。

 添付写真の一枚目は支那万作です、10日程前の事です支那万作も未だ蕾でした。 オジイさんのカメラマンに、万作はこの季節には葉が落ちているのではと聞かれました。 その通りなのですが、この品種は枯れた葉が残った状態で芽が出て花が咲きますと、手持ちの資料に書いてあった事を偉そうに喋ってしまいました。
 二枚目の写真は、八つ手の小さい枝だと思うのですが。 池の中に打ち込まれた杭の中から芽が出ていたものです、木の杭に苔が生えていたり、逆光で輝く八つ手の葉だったりと、面白い絵に成りました。

 一枚目そして、二枚目の写真を撮影していて、春の兆しをチョット感じました。

posted by kazz at 21:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: