2019年01月07日

徘徊歳時記 ’19-01 七草粥

2019.01.06 072Bl.jpg 2019.01.06 017Bl.jpg

2019.01.07

徘徊歳時記 ’19-01
七草粥

 一月七日、今日は七草、七草粥を食べる日ですが今は昔の風習なのでしょうか。
 父が俳句を嗜んでいた所為も在るのでしょうが、私の実家では意外にこれらの風習を遣っていた様に思います、私の事をご存知の方には意外かもしれませんが。 七草粥は、正月のおせちに疲れた胃を休ませる為のものだと聞いていますが、正月ボケした頭のリフレッシュにも成るかと思います。

 年末年始は家でダラダラとしていました、身体が鈍って仕方がないこんな状態でしたので、昨日はチョット風があったのですが散策に出ました。 あくまで身体の慣らしですので撮影の目標は在りません、吉祥寺駅の近辺やら公園やらをウロウロと徘徊した訳です。

 添付写真の一枚目は、何時も歩いている通りで見付けた暖簾です、この季節にはピッタリの暖簾ではないでしょうか。 この暖簾の店ですが、和食なのかフレンチなのか、其れとも喫茶店なのか判りません、暖簾の脇から店内を覗いて見ると満席状態でした。
 添付写真の二枚目は蝋梅です、やはり陽が射していない状態で撮影しても面白い絵には成りません、失敗作の見本です。

 芹、薺、御形、蘩蔞、仏座、菘、蘿蔔、
 最近はスーパーやコンビニなどでも七草のパックを見掛けます。

posted by kazz at 15:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: