2018年11月02日

徘徊歳時記 ’18-44 秋本番

2018.11.01 026Bl.jpg 2018.11.01 123Bl.jpg

2018.11.02

徘徊歳時記 ’18-44
秋本番

 相変わらず陽射しのある日が続いています、この天気が体育の日の前後に来ていたらと思うのは私だけでしょうか。 昼間は青空もあり陽が出ているのですが、日陰ではチョット肌寒いですし、朝晩は大分寒くなって来ました。 こんな陽射しに誘われて昨日は玉川上水を徘徊しました。

 井之頭公園公園から玉川上水を下流に向かって歩いたのですが、秋の足取りを感じました、柿の実は紅く色付いていますし葉も色付き始めています、ススキなどの秋の花も咲いています。 秋は大分深まって来ています、歩いている時は暑いくらいなのですが、撮影中は肌寒さを感じます。 肌寒いと云えばハロウィンのあの馬鹿騒ぎでしょうか、渋谷では仮装禁止などの対策も必要でしょうが、もっと深い問題がある様に感じます。

 添付写真の一枚目は、色付いた柿の実です。 鳥が啄んだ痕が見られますが、こんな処に秋の深まりを感じませんか、収穫は済んでいるようですが、木名乗り柿と云うには多過ぎるほどの実が残されています。
 添付写真の二枚目は、猫じゃらしです。 横須賀に居た頃は良く見掛けた草なのですが、東京に転居してからは見掛ける機会もメッキリ減りました。 
posted by kazz at 16:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: