2018年10月30日

徘徊歳時記 ’18-43 急な坂道

2018.10.28 009Bl.jpg 2018.10.28 037Bl.jpg

2018.10.30

徘徊歳時記 ’18-43
急な坂道

 ここ一週間ほどは陽射しも有り暖かい日が続いています、しかし昨日は身体が怠くて一日中家でグウタラしていましたが、一昨日の日曜日には一寸と遠出をしました。 『急な坂道駆け登ったら直ぐに海が見えるでしょうか!』、私達がまだ青春を謳歌していた頃のヒット曲山口百恵さんの横須賀ストーリーですが。 そうです一昨日出かけて先は横須賀です、でも実家の武山には行っていませんし、兄弟や親類にも逢っておりません。

 京急横須賀中央駅の高架の下から急な坂道を登ると平坂上です、此所からもう一つ坂を登ると私が中学の頃の建てられた横須賀市の文化会館です、そして三つ目の坂を登った文化会館の裏の高台が中央公園です。 中央公園は海抜100mくらい在るのでしょうか、昔はデートスポットだったのですが、今では雑草が目立ち荒れ始めてチョット危ない場所に成りつつあります。
 この日の予定は高校時代の同窓会ですが、私が出席するのは今回が初めて、どんな年寄りに成っているのか楽しみもありますが、やはり工業高校ですのでこんなもんだろうと、私が知っているサラリーマンを想像していた部分もありました。
 同窓会の場所は京急汐入駅前の居酒屋です、集合時間までもう少し時間がありましたので、中央公園の後にルーニー公園によりました。 ルーニー公園は海に面した処に在り昔は臨海公園と呼ばれていました、横浜の山下公園のチッサイ版と謂ったところでしょうか。
 同窓会では私の想像を外れたチョト面白いオヤジ達が集まりました、高校時代バイクに乗っていたヤツは奥さんと京都に行くとか、また独身で詩を書いているヤツとか、楽しい酒盛りでした。 

 添付写真の一枚目は、中央公園から撮影した猿島です。 猿島は戦時中には帝国海軍の秘密基地があった処です、今では観光地で釣り場にも成っています、猿島の右後にある煙突は房総半島です。 東京湾はタンカーやアメリカ海軍の軍艦など大きな船も出入りします、猿島の後ろ側を通るのですが、300m級の大型船、米海軍の航空母艦などは猿島に隠れてしまわず、前後がはみ出した状態で見られます。
 添付写真の二枚目はルーニー公園で撮影した港です、見えているのは自衛隊の艦船ですが、この後は米軍の基地に成っています、米軍の基地は一般からは見えません見たい方は観光船にお乗り下さい。 横須賀の軍港が外かられないのは当たり前の事、帝国海軍の時代にその様な目的で作られた軍専用の港なのですから。 
posted by kazz at 19:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: