2018年09月24日

徘徊歳時記 ’18-36 石段登り

2018.09.23 283Bl.jpg 2018.09.22 175Bl.jpg

2018.09.24

徘徊歳時記 ’18-36
石段登り

 ここ1週間いや2週間ほどに成るでしょうか、過し易いと云うのか涼しいと云ったら良いのか、寒い日も含めてその様な日が続いています。 そんななかで昨日は、NHK放送博物館の在る愛宕山へ行ってきました。

 愛宕山を登った目的ですが、出世の石段祭と呼ばれる愛宕神社の祭礼の撮影です。 愛宕神社の在る愛宕山の山頂は、都内で一番海抜の高い場所だと聞いているのですが、ここの石段を江戸時代の某武将が、馬に乗って登ったと云う伝承も在るようです。 この石段、品川神社の石段よりも高い様に感じます、それを登るのですから迫力満点なのは言うまでも在りません。 品川神社は品川担ぎと呼ばれる特殊な担ぎ方で登るのですが、愛宕山は普通に江戸型の担ぎ方で登って行きます。 東京の祭で神輿の面白い所を三ヶ所あげろと云われれば、ここ愛宕に品川神社、そして南千住の素盞雄神社の二天棒担ぎではないでしょうか。

 添付写真の一枚目は、愛宕神社の大石段を登る神輿です。
 二枚目の写真は、一昨日に玉川上水で撮影した柿です。 ついこの間まで暑い暑いと云っていたのですが、季節は何時の間にか此処まで来ていました。
posted by kazz at 13:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: