2018年08月03日

祇園祭 ’18-15 野良猫

2018.07.20a 010Bl.jpg 2018.07.29a 135Bl.jpg

2018.08.03

祇園祭 ’18-15
野良猫

 只今東京吉祥寺です、相変わらず酷暑が続いています。 7月30日の夜に吉祥寺に戻って、31日は荷物の片付け、8月1日はカメラの修理で新宿に出かけました。

 前回のブログ「’18-15」で祇園祭を終らせようと思っていたのですが、そうはいかない事態が発生しました、問題は7月9日ホテルにチェックインした時に始まっていたようです。 ホテルに部屋に荷物を入れて、荷物を開いた時には異常は見つかっていません、しかし帰りの荷造りをしている時に異常が見つかります。 アルミの大きなカメラバックに衣類を入れて宅配便で往復させているにですが、吉祥寺を発送する時も京都のホテルに着いた時にも異常は見付かっていません。 でも帰りの荷造りの時には此のカメラバックのフタがロック出来ません、良く見ると錠の部分にヘコミがあります、私の判断は吉祥寺から京都のホテルの間で、バッグの錠の部分に何かがぶつかったのだろうと考えました。

 荷物の移動は往復共にヤマト運輸の宅急便を使用しましたので、吉祥寺に戻って来た時のドライバーに見てもらっても、コンベヤーでぶつかったのだろうとの見解でした、またドライバーからはコールセンタと話をしてくれと云われました。 しかしコールセンタのオペレータはもう一度担当のドライバーを行かせるとの事です、でも此れは無駄な事です。 ドライバーの話を聞いて結論を出すのか、もう一度現物を視るのであれば品質保証の担当者を来させるべき、此の様にオペレータに告げました。

 今になってもヤマト運輸からは何の回答もありません、ヤマト運輸はこの様な問題を本気で対応する気があるのでしょうか、私の目にはドライバーに全ての責任を押付けて、会社は頬被りする積もりにしか見えません。

 噺を祇園祭に戻します、今年撮影した写真をもう一度見渡して、添付し忘れた作品をご覧頂こうかと思います。
 添付写真の一枚目は四条寺町のお旅所です。 普段は土産物店ですが祭の時にはお旅所に戻ります、17日の夜には三社の神輿が渡御して来て、24日の還幸祭までここに留め置かれます。 三社の神輿が飾られているお旅所です。
 二枚目の写真はお囃子です、鉦をアップにした作品ですがさて何処で撮影したものでしょうか?

 一寸前になりますがTVのニュースでは、宅配のドライバーが荷物を放り投げたり、蹴飛ばしたりしている映像が流されました、ヤマト運輸もこの様な企業の一つになってしまうのでしょうか。
 『野良猫ヤマトの宅急便』洒落では済まなくなりそうです。
posted by kazz at 18:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: