2018年07月25日

祇園祭 ’18-12 祇園守

2018.07.22a 038Bl.jpg 2018.07.23a 265Bl.jpg 2018.07.23c 035Bl.jpg

2018.07.25

祇園祭 ’18-12
祇園守

 後祭も済みましたが相も変わらず酷暑の日々が続いています、此の酷暑で24日の花笠巡行が中止になりました。 パレードに参加する子供達の健康状態を考慮すれば致し方ない決断かと思います、花笠巡行が中止になるのは私の記憶では今回で二回目です。

 前回のブログ「祇園祭’18-11」では、大舩鉾の曳初めと橋弁慶山のカキ初めの写真をご覧頂きました、今回は後祭の宵山の風景をお見せします。
 添付写真の一枚目は、宵山と云っても昼間の風景です、八幡山からカメラを南に向けて北観音山を望むと此の様になります。 八幡山の駒形提灯と北観音山の松と、何方にフォーカスを合わせどちらをボカスかは、撮影する方の作画意図によりますがそこがセンスでしょうか。
 二枚目の写真は祇園守の花です、木槿の中でも白の半八重を祇園守と呼びますが、丁度祇園祭の季節に咲きます。 此の花は八坂神社の斎館の脇に咲いていたものを撮影しました、祇園守の本歌と言って良いのでしょうか。
 三枚目の写真は23日の夜遅い時間の南観音山です、あばれ観音を待っている観光客をかき分けて、大舩鉾の日和神楽が通過して行くところです。

 祇園祭も此の辺りまで来ると疲労のピークを越えています、特に今年は此の酷暑です、顔見知りの写真家と顔を逢わせる度に「疲れるネ!」の繰り返しです。
posted by kazz at 21:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: