2018年07月21日

祇園祭 ’18-10 鉾解体

2018.07.18 116Bl.jpg 2018.07.18 165Bl.jpg 2018.07.19 007Bl.jpg

2018.07.21

祇園祭 ’18-10
鉾解体

 今日の午前中は橋弁慶山のカキ初めがありました、又夕刻からは本格的に後祭の宵山が始まりました、昨夜は四つほどの町内で駒形提灯に灯がともっていました。 しかしとにかく此の記録的な猛暑です、陽が出ている間はどうも遣る気が涌いて来ません、こんな事で好いのでしょうか。

 前回のブログでは17日の神幸祭の写真をご覧頂きました、今日は18日以降に写真をお見せします。
 添付写真の一枚目は、岩戸山の鉾解体の一コマです、神松を切ってから四本柱を解体して行くのですが、その神松が切り落とされる瞬間です。
 二枚目は月鉾の解体風景です、解体は鉾建てと逆の作業をしますので、良く見ないと鉾建ての写真かそれとも解体の写真なのかが見分けられません、榊が茶色く枯れ始めているのが解体です。 鉾建て・鉾解体は、祇園祭の撮影を始めた頃から撮り続けて来ましたが、此れと言った作品が出来ていません。 その理由は簡単です、『祇園祭細見』の著者松田元先生がその著書の中で使用している、先生がお描きになった長刀鉾の鉾建て風景の絵がとても素晴らしく、此れに近付けるような写真が撮れていないからです。
 写真の三枚目は北観音山の山建て風景です、ブルーシートで日陰を造っているのですが、此の猛暑にどれだけ効果があるかは判りませんが、やはり気は心でしょうか。 この様な作業を四条通の鉾建てで遣ったら、やはりお叱りを頂く事になるのでしょうか、見栄えも事もあるかと思いますがやっぱり交通の問題でしょうか。
posted by kazz at 23:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: