2018年07月18日

祇園祭 ’18-08 宵々山

2018.07.15 061Bl.jpg 2018.07.16 071Bl.jpg 2018.07.17a 320Bl.jpg

2018.07.18

祇園祭 ’18-08
宵々山

 今日、7月18日は前祭の鉾解体の日です、鉾バラシと云う人達もいますが要するに道路上に建ててあった山や鉾を、解体して蔵に仕舞う作業の事です。 宵山、山鉾曵廻し、神幸祭の此の数日はとにかく時間に追われて、とにかく疲れます、因ってブログを書く余裕と気力が涌きません。

 前回までのブログで、14日に行われた岩戸山の神遊びまでを紹介しました、14日から宵山が始まったわけですが、宵山の3日間には様々な行事が各所で並行して行われます。 これらを一度に見たり又、撮影したりする事は物理的に無理があります、ザット把握するだけでも5年ほどは懸かるのではないでしょうか、撮影して作品を創るとなると10年でも無理かもしれません。 私が写真集『京乃七月』を纏めるまでに20年以上懸かりました。

 添付写真の一枚目は、弓矢町武具飾りの一コマです、15日から17日まで開催されています、一度ご覧になったら如何でしょうか、祇園祭通に成れるかもしれません。
 二枚目は16日の夜遅い時間に行われる日和神楽のシーンです、四条傘鉾の日和神楽の行列が、函谷鉾の脇を通過するところです。 私はこの後に行われる函谷鉾の行事を撮影する為に、此の場所にいて偶然に撮影しました。
 三枚目は17日の山鉾曳廻しの写真です、山鉾曳き廻しの最初のハイライトがクジ改です、やはり大人が遣るよりは子供にさせた方が、かわいくて好感が持てます。 昨年撮影した注連縄切りも同じですが、鉾のスタッフとして撮影した時には何度か撮っていたのですが、どうしても近視眼的に成って全体をバランスよく撮影する事に苦労していました。 スタッフを辞めて観光客の目線で祭を見て見ると、別なものが見えて来ます。

 今日は一先ずここまで、鉾解体は日を改めて。
 正確に言うと宵山は16日のことで、15日は宵々山と呼ぶのが正しいかと思います。
posted by kazz at 21:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: