2018年07月15日

祇園祭 ’18-07 天岩戸

2018.07.14bJ 214Bl.jpg

2018.07.15

祇園祭 ’18-07
天岩戸

 祇園祭も鉾建て、曳初めが済むと次は宵山です、宵山は14日、15日、16日と三晩に渡り行われますが、四条通が歩行者天国になるのは15日と16日の二晩だけです。

 14日の晩は駒形提灯に灯を点しますが、歩行者天国にはなりません、四条通の歩道からはみ出した観光客が、新町通や室町通にあふれます。 こんな片手落ちの宵々山で行われるのが天の岩屋戸の神遊びです、新町通仏光寺下がるに建つ岩戸山の町内では、山の由来に習って国生みと、天のウズメの命の舞を奉納します。 舞は観世流の仕舞ですが、楽器は能管では無く篠笛が使用されます。 

 添付写真は天のウズメの舞です、夕方ですがまだ天空に光の残る時刻に行われますので、フラッシュが無くても撮影可能です。 埒の周りの方はおシャガミ頂けると、後の方までゆったりとご覧に成れるかと思います。
posted by kazz at 14:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: