2018年06月28日

徘徊歳時記 ’18-28 睡蓮

2018.06.28 001Bl.jpg 2018.06.28 052Bl.jpg

2018.06.28

徘徊歳時記 ’18-28
睡蓮

 6月28日、今日も梅雨の最中とは思えないほどの暑さです、此の猛暑すでに一週間も続いています。 一週間も猛暑が続くと梅雨が明けたのではないかと思いたく成ります、こう成りますと紫陽花の撮影はもう終わりでしょうか。

 このように暑い日が続くと、頭の中は祇園祭の撮影プランでイッパイになります、心の中は既に京の都、こんな風に考えるのは私一人では無い筈です。 暑く成ると祇園祭では短絡が過ぎるでしょうか、そうそう東京に居る間は睡蓮の撮影でしょうか、暑く成るとやはり水ですよ。

 今日の徘徊は善福寺公園、10時半から1時間半ほど、上池で紫陽花を撮影して、下池では睡蓮を撮影しました。 公園の中ではさほど感じなかったのですが、往復の道ではアスファルトからの照り返しがキツく、此方には閉口しました。

 添付写真の一枚目は、終りかけた、いや既に終っている紫陽花です。 七変化の終末、山姥でしょうか、はたまた老いた駿馬でしょうか、其れとも言い過ぎでしょうか。
 2枚目は睡蓮です、下池には朱と白の睡蓮があります、Monetの絵のような睡蓮を撮影したいとは思うのですが。 写真は光を捉えると云われていますが、私ごときでは光の魔術師にはなれません、印象派にはほど遠いようです。

posted by kazz at 17:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: