2018年02月27日

徘徊歳時記 ’18-13 おばあちゃんカメラマン

2018.02.27 078Bl.jpg 2018.02.27 115Bl.jpg 2018.02.27 135Bl.jpg

2018.02.27

徘徊歳時記 ’18-13
おばあちゃんカメラマン

 今日の昼間は風が冷たいものの暖かい日でした、チョット歩いたり日向に居たりすると汗ばむほどの暖かさです。 何時もですとサポーターをしていなければ膝が冷えて歩き難くなるのですが、今日は膝サポーター無しでも大丈夫でした。

 きょうの徘徊は井之頭公園の池の周りです、花の咲き具合は前回徘徊した23日とほぼ同様でした。 違うところと云えば、白いクロッカスを見付けた事、S.F.レンズが使える場所に福寿草が咲いた事でしょうか。 公園内での撮影には様々な制約があります、マクロレンズなどを使用した近接撮影が出来ない事も多々あります、近付けなければ望遠接写に拠る撮影をするしか在りません、今日は取り敢えずそれで済ませました。  

 添付写真の一枚目は白いクロッカスです、白は此の一本だけしか見当たりません、以前に添付したものと見較べて下さい。 二枚目は撮影に熱中空いているおばあちゃんカメラマンの手です、ニット帽を被った可愛らしいおばあちゃんです、私よりも10歳ほど年上のようにお見受け致しました。 三枚目の白い鳥は鷺でしょうか?祇園祭の季節に鴨川で見掛ける事はよくあるのですが、寒い季節に見掛けたのは初めてかと記憶しています。

 撮影を終えての帰り道で見掛けたのですが、日馬富士が相撲界に残る(親方orコーチ)?と、スポーツ新聞に在りました。 あの様な暴力事件を起こした人物を、若い力士を指導する立場に就けるのは如何なものでしょうか、八角理事長と伊勢ヶ浜親方は何を考えているのでしょうか、まあ評議委員会はあんなものですから。 個人的には日馬富士は好きな力士です、特に土俵入りの所作は素晴らしいと思います、他の三人の横綱とは比較には成らないくらい綺麗だと思います。 でも相撲界には残るべきではないでしょう。

 S.F.レンズに拠る福寿草の撮影は、明日早々にでもと考えています、後は天気です。
 明後日、3月1日はCP+のオープンです、パシフィコ横浜です。
posted by kazz at 18:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: