2014年05月03日

G.W.2014−4 宇島祇園

2014.05.03

G.W.2014−4
宇島祇園

 今日も宇島まで行きました、宇島へ行っても30日(水)、1日(木)の八屋祇園ではありません、八屋祇園は駅周辺から御旅所までの西側地区ですが、今日は東側の地区です。
 宇島神社は駅から東へ徒歩15分程の所、祭りのエリアは神社から東へ徒歩20分くらいまでの区域です。 神社は氏子地域(祭りエリア)の中心ではなく、外れに在ることが意外と多いようです、八屋祇園では神社が南西のはずれ、御旅所は北西のハズレでした。 京都の祭りは如何かと言いますと、祇園祭では八坂神社は東山の麓、元々は東山の頂上までが境内だったようです、氏子地域は神社から西へ千本通(平安京の中心)までです。 松尾大社は西の裏山がご神体で、氏子地域は東側に広がります、伏見稲荷大社も東山の麓に在ります、氏子地域はもちろん西側です。
 噺がチョットそれてしまいました宇島祇園に戻します、噺がそれたのは祭りがあまり面白く無かったからです、山車を4基ほど観ましたが、聴いた事も無い演歌のCDに合わせて日舞モドキを踊るのです、ようするに歌謡ショウのバックです。 是だけならまだしも我慢の限度を超えるのは、屋根の上に取り付けたトランペットスピーカから聴こえる演歌です、音が割れていてどうにもなりません、マサに選挙の時のアレです。
 最後の救いです、山車の内の1基が舞台の部分に船を載せていて、その船に神輿を乗せているのです、船の脇にはお児さんが左右に3人ずつ乗っています。 漁師町の祭りらしく面白い趣向です。
posted by kazz at 21:31| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
齋藤さん、お久し振りです

ずいぶん遠くまで撮影で行かれたんですね

さて、今回のブログに私の地元、伏見稲荷神社について書かれてましたが、
実は伏見稲荷神社周辺は藤森神社が氏神さんなんです

お稲荷さんが氏神さんなのは東寺周辺なんです

もしも興味がおありでしたら調べてみてください

なかなか面白いことがわかりますよ
Posted by みーちゃん at 2014年05月06日 22:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック