2024年06月18日

徘徊歳時記 ’24-32 花火・紫陽花

24-06-14b (75)Bl.jpg 24-06-17 (80)Bl.jpg 24-06-17 (130)Bl.jpg

2024.06.18

徘徊歳時記 ’24-32
花火・紫陽花

 今日6/18(火)は朝から雨です、雨の日は紫陽花の撮影、この季節はこれを撮影の基本にされている写真家の先生方もかなりの人数いらっしゃるものと思います。
 私の場合は、曇りとポツポツの日は撮影に出ますが、今日位の降りですと考えてしまいます、これだから先生の領域に辿り着けないのでしょうか。 祇園祭ならば台風でも撮影に出るのですが、徘徊歳時記や植物図鑑ですと二の足を踏んでしまいます。

 14(金)の年金支給日は、小石川後楽園から千石の六義園と回りました、後楽園は終わり掛けの菖蒲を、六義園は紫陽花の撮影を目的に出掛けたのですが。 枯れかけた菖蒲は撮れたものの、紫陽花は今一でした天候の関係も在るのかな、こんな感覚です。
 土・日は天気が良好過ぎたので2日間の休養をとって、17(月)は向島百花園に出向きました。 紫陽花は勿論のこと、初夏の花が色々と撮影できました。

 最初にご覧頂く写真は14日に、六義園から都営三田線の千石駅に戻る時に撮りました、オレンジの透けた感じが気に入ってシャッタを切ったのですが。 ネットで検索したところ、オクナ・セルラータと出て来ました、別名はミッキーマウスの木だとのことです。

 二枚目の写真は紫陽花ですが、17日に向島百花園で撮りました。 ネームプレートには墨田の花火と有りました、花弁がアッチコッチと広がっているところを、花火に見立てたのでしょうか?

 三枚目の写真はススキです、同じく17日に向島で撮りました。 ネームプレートには鷹の羽薄と有りました、この芒は今までに何度か見掛けています、縞模様がアクセントでしょうか。
posted by kazz at 11:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年06月13日

徘徊歳時記 ’24-31 梅雨は何時

24-06-08 (7)Bl.jpg 24-06-11 (35)Bl.jpg 24-06-12 (60)Bl.jpg

2024.06.13

徘徊歳時記 ’24-31
梅雨は何時

 六月も中旬に成ってしまいました。 例年ならば梅雨に入っている時期なのでしょうが、今年は未だ梅雨入りしておりません、来週だとか再来週だとか梅雨入りの時期すらハッキリしていない状況です。 雨の日が少ないので初夏の花は撮り易いのですが、やはり梅雨の花を撮りたいのも現実です。

 8(金)、11(火)、12(水)と徘徊に出ていました。 8日は桃園川緑地公園と井の頭公園を、11日は向島百花園を、そして昨日は国分寺の殿ヶ谷戸庭園と、精力的に巡ったのですが其の成果をご覧ください、そしてご高庇頂ければ有難いのですが。

 最初にご覧頂くのは、桃園川緑地公園で撮影した紫の花です。 初めて見かけた花です、ネットで検索したところ「ジャカランダ」と出て来ました、日本名は「桐擬」だとの事です。 面白い花なので、来年もう一度トライして見たいと考えています

 二枚目の写真は紫陽花です、11日に向島百花園で撮りました。 額紫陽花の様ですが外周の花びらがありません、ヤマアジサイ系の花なのでしょうか、また勉強のネタが増えてしまいました。

 三点目にご覧いただくのは、美容柳の花弁が水の上に散ったところです、12日に殿ヶ谷戸庭園で撮りました。 庭園内には小さな滝のような、小川のような流れがあります、花だけでは無く水も撮影の対象になりそうです。 美容柳は未央柳と書く事もあるようです、ビョウヤナギと読むのかミオヤナギと呼べば良いのか、良く判りません。
posted by kazz at 10:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年06月07日

徘徊歳時記 ’24-30 菖蒲・菖蒲

24-06-05 (6)Bl.jpg 24-06-07b (73)Bl.jpg

2024.06.07

徘徊歳時記 ’24-30
菖蒲・菖蒲

 徘徊歳時記とタイトルに挙げていますが、実はこの一週間は徘徊では無く、目的を持っての撮影行です。 6/3(月)から5(水)、そして本日(金)と1日置きに小石川の後楽園に出向いています、目的は言うまでも無く菖蒲の撮影です。
 3日は午後から出掛けたので観光客が多くて思ったような撮影が出来ません、5日は9時の開門と同時に入りましたので観光客に邪魔されずに撮れました。 5日は良い天気でしたでもピーカンです、薄く雲が掛かっていたら如何なるだろう、こんな助平根性が湧いて来て今日も出向いた次第です。 そして今日は後楽園の後、カメラを交換して荻窪の角川庭園まで足を伸ばしました。
 ダブルヘッダーでしたので流石に疲れました、歳相応に頑張るべきなのでしょうか。

 添付写真の一枚目は5日の後楽園です、田植えなのかそれとも夏も近付くなのか、そんな出立ちですが、菖蒲の枯れた花弁をハンドピックしているところです。 早起きは三文の徳、面白い写真が撮れました。

二枚目の写真は今日、角川庭園で撮影した捩花です。 花の形に惹かれてか、ここ数年追いかけています。
posted by kazz at 17:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年06月01日

徘徊歳時記 ’24-29 初夏の色々

24-05-28a (84)Bl.jpg 24-05-29 (88)Bl.jpg 24-05-31a (51)Bl.jpg

2024.06.01

徘徊歳時記 ’24-29
初夏の色々

 六月に成りました、先月の28(火)から月末の31(金)までの4日間、徘徊に出たのはよかったのですが、4連チャンは流石に疲れました、寄って今日は天気が良いのに徘徊をサボってこのBlogを書いています。

 28日は小石川後楽園から清澄庭園と周り、菖蒲を中心に初夏の花を撮影したのですが、清澄庭園のコケ類が気になりました、来年のテーマになりそうです。
 29日、30日は連続で新宿御苑へ、初夏の様々な花と、薔薇の花の終わりかけの撮影です。 ここ数年は植物図鑑として薔薇の花を撮っていたのですが、今回は花のアートを頭に置いての撮影になりました。
 31日の徘徊は桃園川緑道です、阿佐ヶ谷駅の東側の高架下から、山手通りまで歩きました。 桃園川の徘徊は2ヶ月ぶり以上になるでしょうか、桜だの何だのとそちらにかまけてサボっていた次第です。 久々の桃園川緑道、初めて見かける花が数種ありました。
 とにかく梅雨前の4日間の成果をご覧ください。

 最初にご覧頂く写真は菖蒲です、28日に清澄庭園で撮りました。 後楽園も清澄庭園も大分咲いていますが、満開までは後一週間と云ったところでしょうか、来週が楽しみです。 横位置でワイドな絵が撮りたいと画策しています。

 二枚目はドクダミです、29日に新宿御苑で撮影したものです。 一重と二重が並んで咲いていました、一重はこの季節何処にでも咲いていて、ジャマだの雑草だのと云われています。 二重のドクダミはナカナカお目に懸かれません、私の知る限りでは此処の他は、もう1ヶ所だけです。

 三枚目の写真は31日に桃園川緑道で撮りました、確か初めて撮影した花だろうと思います。 ネットで検索したところ、オリヅルランと出て来ました、漢字で書けば折鶴蘭になるのだと思います。
posted by kazz at 12:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする