2020年04月29日

祇園祭 ’20–01 コロナ中止

2017.07.10c 135Bl.jpg

2020.04.29

祇園祭 ’20–01
コロナ中止

 先日ブログを書き終えてから、祇園祭に関する諸々をネットで検索してみました。 例年ですと長刀鉾稚児が発表される頃なので、関係者に執ってはこの辺りからが祇園祭に成ります、私としても今年の撮影スケジュールを決めなければ成らない時期に来ています。
 ネット検索の結果、4月20日付の山鉾巡幸中止の記事を見付けました、これは薄々推測していた事です。 疫病退散を目的として始めた祇園御霊会ですが、コロナウイルスの影響に因る祭礼行事の中止、関係の皆様も心を痛めている様子でしたが、時代が変わっているのです致し方の無い事なのでしょう。

 私的な事をもう少し言わせて頂けるのであれば、神輿も山鉾も花笠も全ての行事を中止するのか、其れとも一部分は行なわれるのかです。 そして私の知りたい所は、その一部分が何処からどこまでかと言う事なのです。
 祇園祭の撮影に関するここ数年のテーマとしては、例年とは異なる行事の運営です、これは事故が起きたとか、好ましく無いトラブルが発生したというのではなく、何かの不手際で行列の時間がズレてしまったとか、祭礼の途中で雨に降られたとか、そんなチョットした事なのです。 要するに、例年とは違う何かが撮影出来ればラッキーと云う事なのです。 

 添付の写真は2017年に撮影した前の神輿洗いの一コマです。 10日の神輿洗いはお迎え提灯も併せて行なわれます、石段下を出発して市役所で種々の踊りを披露した後、八坂神社に戻ります。 神輿洗いは、これに先立って大松明に因る道清めがあります、例年ですと大松明が四条大橋に来ている時は、お迎え提灯の行列は橋の西詰めで待たされます。 しかし2017年の祭りでは、何かの手違いでしょうか大松明とお迎え提灯が、四条大橋の上で交差する事に成ってしまいました。 祇園祭を40年も撮影して来ましたが、こんなシーンに出会ったのは初めてです、前出の例年とは違う何かとはこの様な事です。

 今年初めての祇園祭ブログが、この様な内容に成って残念です、撮影日程はもう少し待ってからにします。

posted by kazz at 16:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月28日

徘徊歳時記 ’20-22 タケノコ

2020.04.27 147Bl.jpg

2020.04.28

徘徊歳時記 ’20-22
タケノコ

 さっきまで薄陽が差す時間帯も在ったのですが、今は空全体に雲が出ています。 昨日もこんな感じの午前中だったのですが、14時前から雨が落ちて来ました。

 昨日は12時から徘徊を始めて、玉川上水を井之頭公園のグランド辺りから下流に向かって歩きました。 往路は玉川上水の左岸(北側)を歩いて、三鷹市と杉並区の境界のチョット手前の所の対岸に在る竹林で、タケノコが1〜2mにまで伸びているのを見付けます。 ここから右岸に廻って復路に着きます、地面から顔を出したばかり10〜20cmほどのタケノコを探して歩きます、その成果が添付の写真です。
 タケノコの撮影が一段落した所で雨が降り出したので、以降の撮影は諦めて取り敢えず井之頭公園まで戻ります、雨に濡れながら15分ほど歩きました。

 G.W.ですね、筍の季節です。 小さな物でしたらば皮の着いたまま焼き筍にするのも好きです、木の芽ミソで田楽にする店もあるでしょう、変わった所では筍のサンドイッチなどもあります。
 こんな話をしていると出掛けたく成って来ますが、とにかく今は我慢の一言です。

posted by kazz at 13:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月23日

徘徊歳時記 ’20-21 春紫苑

2020.04.22 048Bl.jpg

2020.04.23

徘徊歳時記 ’20-21
春紫苑

 コロナウイルスの件ですが、G.W.明けに本当に納まるのでしょうか。 個人的な見解で何の根拠も無いのですが、未だ未だ続く様な気がして成りません、この様に感じているのは私一人でしょうか。
 銀座、新宿、渋谷などの繁華街ではまるで人が歩いていないようですが、その分地元の商店街などでは異常なまでの人出だと、TVのニュースで報道されていました。 特に多いのが武蔵小山、戸越銀座そして吉祥寺だそうです。 昨日、吉祥寺駅の北口の商店街に行ったのですが、TVで報道されていた様な混雑ではありません、何時もの1/3以下と云ったところでしょうか。 何とも上品な物です、TVの脅しが効いたのでしょうか、其れとも市民が目覚めたのでしょうか。 これが続けば、G.W.開けとは成らなくとも、五月いっぱいには何とか成るかも知れません、あくまでも期待値ですが。

 添付の写真は春紫苑(ハルジオン)と蒲公英です、井之頭公園内なのですが、動物園の前の通りの花壇で撮影しました。 春紫苑は北アメリカが原産だとか、ヒアリだとかザリガニだとかと同じように、輸入品の荷物に紛れ込んで日本国内に入ったようです。

 ネットで京都の事を検索すると、大半の祭りが中止に成っているようです。 しかし祇園祭の実行or中止に関する記事は、八坂神社のH.P.その他を調べても見付かりません、如何成っているのか一寸心配です。 そろそろ長刀鉾のお稚児さんが発表される時期だと思うのですが。

posted by kazz at 15:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月17日

徘徊歳時記 ’20-20 全国一律?

2020.04.15 095Bl.jpg

2020.04.17

徘徊歳時記 ’20-20
全国一律?

 今日は朝から曇り空、夜の遅い期間帯には雨が降り始め、明日は一日中雨に成るとか、こんな時期に鬱陶し過ぎます。 緊急事態宣言が全国の道府県にも適応され、マスクと10万円を国民全員に配布するとか、今頃に成ってからですか、チョット遅過ぎたとの感は拭えません。 緊急事態宣言が全国展開されて、戸惑っている地方の県知事さんもいらっしゃるようですが、困ったコマッタとオロオロしているばかりでは如何にもなりません、自分の自治体に併せた対応をすれば好い事でしょう。 ひと月も前に対応策が練られていなければ、何をしていたのとの謗りは逃れません、地方の知事さん、地方選出の国会議員の皆さんもう一寸まともな対応を。

 一昨日、井之頭公園のグランドの周りを一回りしたのですが、桜は一番遅い品種、何時もの年ですと連休くらいに咲く遅咲きの桜が今まさに満開、どちらかと云えば夏の花に変わっているこんな状況です。 人が集まらない所での写真撮影、此の次期これが最良の憂さ晴らしと運動不足解消ではないかと思っています。
 今年は同じ井之頭公園でも、池の周りではなくグランドの周りを重点的に撮影しています、去年までは見掛けなかった花も多く撮影出来ます。 これは嬉しい事なのですがその分、調査も大変でナカナカ追着けません。
 添付の写真も調査が終わっていない名も知らぬ花です。

posted by kazz at 10:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月11日

徘徊歳時記 ’20-19 緊急事態宣言

2020.04.11 046Bl.jpg 2020.04.07 095Bl.jpg

2020.04.11

徘徊歳時記 ’20-19
緊急事態宣言

 新型コロナウイルス困った物です、今度は緊急事態宣言だとか、何とも中途半端な緊急事態に対する対応ではないでしょうか。 戦時中の事が未だにトラウマに成っているのでしょうか、其れとも政府には何も策が見当たらないのでしょうか、とにかく困った物です。
 この様な緊急事態の時には、国は金だけ出して口は出さない方がうまく行くように思います、地方ごとに状況が違うのですから、その対応が違うのは当たり前の事です。 また東京都と云っても、23区内と奥多摩の辺りではまるで状況が異なると思います。 各都道府県の知事さんにその対応をお任せする、政令指定都市は都道府県とは別に各市長さんに対応して頂く、此の方が的確な対応が出来るように感じます。 

 今日も運動と憂さ晴らしをかねた撮影に出掛けました、こうも自粛自粛と云われれば、憂さ晴らしもしたく成ります、飲み屋や人の集まる所で憂さを晴らすのではなく、一人で桜の花の撮影をするのは最適ではないでしょうか。 今日は井之頭公園で5種類ほどの桜を撮影しました、公園全体では20品種ほどの桜があるようです。

 添付写真の一枚目は、本日井之頭公園で撮影した物です、結構大きな木に咲いていた花ですが名前は不明です。 幹の皮を観てみますと桜の木のようにも思えるのですが、この花ではチョット違うとしか思えません。
 二枚目の写真は数日前に玉川上水で撮影しました、こちらも現状では名前が判りません。

posted by kazz at 19:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月03日

徘徊歳時記 ’20-18 白妙

2020.04.03a 134Bl.jpg 2020.04.03b 080Bl.jpg

2020.04.03

徘徊歳時記 ’20-18
白妙

 新型コロナウイルス困った物です、そこに来て雨だったり曇り空だったりと余計に滅入って来ます、どうすれば好いのでしょうか。 自粛自粛と云われても、具体的な行動指針を示した方が好いのではないでしょうか。 人の余り居ない場所に撮影に出掛けるのが一つの解決策に成るかもしれません。

 今日は久し振りの撮影日和、昨日の様な強風でもなくそして陽射しも有って、まあまあのコンディションでした。 染井吉野は既に盛りを過ぎていますが、桜は未だ未だ、種々の品種が咲いています、桜以外にも様々な草花が咲いています。

 添付写真に一枚目は桜です、井之頭公園のジブリの裏に有る桜の広場で撮影した白妙と呼ばれる品種です。 『春過ぎて 夏来るらし 白妙の』此の詩との関係はあるのでしょうか、白の八重ですがポテットした感じは無く、花弁に軽さも感じられます。
 二枚目の写真は一輪草です、井之頭池の西側の日溜まりの斜面で撮影しました。 私よりお年上だと思われる方が先客として撮影されていたので、隣でチャチャッとお邪魔に成らないように撮影しました。  

posted by kazz at 17:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする