2020年03月26日

徘徊歳時記 ’20-17 新宿御苑

2020.03.26 132Bl.jpg 2020.03.26 235Bl.jpg

2020.03.26


徘徊歳時記 ’20-17
新宿御苑

 今日は朝から暖かい一日でした、陽が射していて、強い風が吹いた訳でも無く、絶好の撮影日和です。 こんな暖かさに誘われて新宿御苑に行ってきました、今年は桜の開花が早くて寒桜系の花と彼岸桜系の花は既に終っています、此の辺りは井之頭公園と同様です。  今日は染井吉野と大島桜などが咲いていました、染井吉野は満開にはチョット早いようでしたが、明日以降の天気を考えると今日がベストに成りそうです。 染井吉野、大島桜の外に5品種ほどの桜が咲いていました。

 添付写真の一枚目は、新宿御苑と一目で分かる写真だろうと思います。 庭の何処を切り取ってもドレモも似た様な絵面に成りますし、花をアップにしても新宿御苑かどうかは不明です、因って皆様ご存知の此のビルを背景にしました。
 二枚目の写真はアメリカという品種の桜のアップです、アメリカという品種が在る事は今まで知りませんでした、因って名前の由来も判りません。 アメリカの外には横浜緋桜という品種も咲いていました、こちらも初めての品種です。 

 アメリカと呼ばれる桜が在る事が判って思いつきました、東京五輪に関する事です。
 延期になって7月8月の縛りが無くなって、桜五輪の噺も飛び交い始めています、此れは是非とも推進するべきではないでしょうか。 桜の季節に開催出来るのであれば、参加する各国から桜の苗木を持ち寄って頂き、コロナウイルスと云う名の戦争を乗り切った平和のシンボルとして、スタジアムの周りに記念の植樹をしたら如何でしょうか。 桜の咲かない国からは、国の花をお持ち頂けば好いのでは、アメリカからは矢張りワシントンの桜を、里帰りというのは如何でしょうか。
 そしてお帰りの時には日本の桜をお土産にお持ち帰り頂きましょう、先様の欲しい品種をご用意する事も一案かと思います、正しくオモテナシJAPANでは在りませんか。
posted by kazz at 19:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする