2019年12月29日

徘徊歳時記 ’19-55 年の瀬

2019.12.28 160Bl.jpg 2019.12.28 035Bl.jpg

2019.12.29

徘徊歳時記 ’19-55
年の瀬

 今年も残すところ二日と数時間にまで押し迫って来ました、官庁を始め一般の企業の大半も、一昨日の金曜日が仕事納めだったのでしょうか。 昨日の井之頭公園の撮影が、私の今年の撮影納めになるかと思います。 大晦日の除夜の鐘は如何するか迷っています、撮影するのであれば王子の狐行列の方が面白いかもしれません、初日の出は寒そうなのでパスしようかと考えています。

 添付写真の一枚目は、昨日井之頭公園の池の辺りで撮影した山茶花です、陽の当たり方が面白かったのでシャッタを押しました。
 二枚目の写真は同じく昨日井之頭公園で撮影しました、雪避けのカバーを掛けられた万両です。 雪が積もると万両の紅と、雪の白のコントラストが面白く成るのだろうと期待しています。

 この1年間、何に力を注いだのかと振り返ってみたのですが。
 全国の祭りの撮影は5件です、多い時には年に20件以上撮影していた事も在ったので、此れは手を抜き過ぎていると謂われても反論出来ません、しかし此れはと思える祭りが残り少なく成ったのも事実です。
 祇園祭の関しては将来を見据えた作品が撮れたかと考えています、ただ撮影するのでは無く何の様な見せ方をすれば良いのか、こんな風に考えられるように頭が切り替わりました。 645のカメラに因る撮影も大分進みましたが、祇園祭の何たるかが少し見えて来たように感じています。
 井之頭公園と善福寺公園を始めとする武蔵野地区の作品に関しては、植物図鑑と歳時記シリーズを分割して纏める事になりました。 645のカメラに因る紅葉の撮影が大分捗りました、カメラのフォーマットの違いに因る空気感の違いが撮れています。

posted by kazz at 16:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月22日

徘徊歳時記 ’19-54 もう幾つ寝ると

2019.12.20 003Bl.jpg 2019.12.20 017Bl.jpg 2019.12.21 055Bl.jpg

2019.12.22

徘徊歳時記 ’19-54
もう幾つ寝ると

 “もう幾つ寝るとお正月”私達の幼少期にはこの様に唱っていたと記憶しています、今では“もう幾つ寝るとXmas”の方が実状に合っているように感じますが、其れとも今時の子供達はゲームに夢中でそんな詩すら眼中に無いのでしょうか。

 11月の下旬辺りから何かに取り付かれたように撮影に出掛けています、祇園祭の時期を除いて通常は週に2回前後ですが、ここ一ヶ月は1日置きのペース、4日連続と云う事もありました。 今年の紅葉は例年に較べると2週間ほど遅れていたのですが、遅れた分だけ綺麗な紅葉が長く続きました、写真を撮影する者に取ってはこの上無いチャンスの歳だったのでは無いでしょうか。 もう幾つ寝れば紅葉の季節が終るのだろう、こんな事を考えるくらい撮影に力が入っていたように思います。

 添付写真の一枚目と二枚目は、一昨日に善福寺公園の下池で撮影しました。 銀杏の葉が池の水面に落ちたところですが、銀杏の黄葉も此れで終わりでしょうか、楓の紅葉は1週間ほど前に終っていました。
 三枚目の写真は昨日撮影した井之頭公園の池の水面です。 波紋が面白かったので撮影したのですが、京唐紙とか和の文様に在りそうに思いませんか、何かに使えないかと画策しています。

posted by kazz at 17:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月16日

徘徊歳時記 ’19-53 紅葉の錦

2019.12.15 036Bl.jpg 2019.12.15 083Bl.jpg 2019.12.15 135Bl.jpg

徘徊歳時記 ’19-53
紅葉の錦

 前回のブログで井之頭公園の紅葉を645のカメラで撮影したと書きました、翌12日も撮影に出たのですがチョット頑張り過ぎました。 朝9時に645Dを持って家を出て大田黒公園へ、11時半に家に戻ってカメラを取り替えて今度は玉川上水へ、家に居た時間は30分も無かったと思います。 玉川上水と井之頭公園の野球場の周りを撮影して、家に戻ったのは15時を過ぎていたでしょうか。 やはり気張り過ぎですよね、年寄りの冷や水です、次ぎの日はキツク成るだろうと覚悟していたのですが、翌々日の14日に疲れがやって来ました、やはり齢です。

 天気が好かったので性懲りも無く玉川上水に出掛けました、12日と同じ物を撮影していても仕様がないので、目線を変えてみました。

 添付写真の一枚目は風に揺れる紅葉です、木偏に風と書いて楓です、風に揺れる楓の紅葉です。
 二枚目の写真は和服の柄げす、黄緑、黄、橙、朱と川面に浮かぶ紅葉の錦、こんな模様がお目に留れば幸いです。
 三枚目は枇杷の花です、実は何度か撮影していますが、花を撮影するのは今回が初めてかと記憶しています。

 チョット面白い初冬が撮影出来たのかなと感じています。

posted by kazz at 19:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月11日

徘徊歳時記 ’19-52 トウカエデ

2019.12.10 174Bl.jpg 2019.12.10 124Bl.jpg 2019.12.10 011Bl.jpg

2019.12.11

徘徊歳時記 ’19-52
トウカエデ

 ここ一週間ほどは毎日のように撮影に出ています、今日は大田黒公園、昨日が善福寺公園、そして一昨日は645Dによる井之頭公園での撮影でした。 この一週間は天気の好い日ばかりではありません、と言うよりは曇っていた日が大半だったように記憶しています。  楓や銀杏の黄葉や紅葉ばかりを撮影していたのですが、曇っていた方が結果オーライではないかと感じています。 小学校で習った唱歌に『秋の夕日に照る山紅葉〜』と謂うのがありますが、この絵面ですと空と紅葉のバランスが上手く調整出来ません、色補正は必要ですが曇り空の方が上手く撮影出来るのですが、ただ単に私が下手なだけなのでしょうか。

 添付写真の一枚目は、昨日善福寺公園で撮影したトウカエデの落ち葉です。 紅く色付くイロハモミジなどとは、葉の形も色も違いますが楓の仲間です、漢字で書きますと『唐楓』だと思います。
 二枚目の写真は桜の黄葉です、同じく善福寺公園での撮影です、背景の赤茶色は台湾檜が紅葉した枝だろうと思うのですが?
 三枚目も善福寺公園です、こちらは池の水面近くまで伸びた楓の紅葉です、イロハモミジだろうと思います。

posted by kazz at 16:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月07日

徘徊歳時記 ’19-51 紅葉、黄葉

2019.12.06 025Bl.jpg 2019.12.06 082Bl.jpg

2019.12.07

徘徊歳時記 ’19-51
紅葉、黄葉

 昨日もケッコウ寒かったのですが、今日は今シーズン1番の寒さだそうです。 武蔵野界隈は紅葉そして黄葉の真っ只中です、昨日は井之頭公園とその周辺を散策しました、今日は昨日撮影したポジションを645のカメラでの撮り直しです。 こんな目論見で出掛けたのですが、1時間もしないうちにポツポツと落ちて来ましたので、撮影は早々に中止です。 645のカメラは修理代が高く着くので雨の中での撮影は致しません、横浜辺りでは雪もチラポラとの事ですので、此れよりはマシかなと云ったところでしょうか。 昨日撮影したのは紅葉と黄葉だけです、意外に武蔵野らしさも撮れていたようです。

 添付写真の一枚目は楓の紅葉です、紅葉と書きましたが何方かと云えば黄葉の方が正しいかもしれません、否いや緑色の部分も残っています。 玉川上水が井之頭公園に入ろうとしている処、万助橋の袂で撮影しました。
 二枚目の写真は井之頭公園です、井之頭と言っても池の辺りでは有りません、池の西側を登ったところ動物園の向かい側です、武蔵野の雑木林がお目に留れば成功なのですが。 このカットは645の為の絵面でしょうか。 

posted by kazz at 15:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月03日

徘徊歳時記 ’19-50 水面

2019.12.03 010Bl.jpg 2019.12.03 037Bl.jpg 2019.12.03 118Bl.jpg

2019.12.03

徘徊歳時記 ’19-50
水面

 師走になりました、天気が安定しない日々が続いています、井之頭公園の紅葉はここ一週間が見頃のようです。

 一枚目の写真は井之頭公園の池の辺りで撮影したススキです、背景の黄葉がもう少し残っていると面白く成るのですが。 薄の撮影も此れが最後になるのでしょうか。 
 二枚目の写真の水鳥ですが名前は不明です、鳥に関する資料が手元に有りません。 花だけならまだしも、鳥までは手に負えません。
 三枚目の写真は、紅く色付いた楓の葉が池に落ちて、水面に浮いているところなのですが、このパターンは椿の季節にも撮影しました。 椿の時期ですと水面は黒ですが、この季節ですとは紅葉が写り込んで面白く成りました。

 今回は井之頭公園の水面三題です、寒く成ったこの時期によくヤルナと言われそうです。

posted by kazz at 17:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする