2019年11月15日

徘徊歳時記 ’19-46 桜を見る会

2019.11.14 011Bl.jpg 2019.11.14 039Bl.jpg 2019.11.14 050Bl.jpg

2019.11.15

徘徊歳時記 ’19-46
桜を見る会

 桜をタイトルにするのは11月に入って二度目です、総理大臣主催の桜を見る会が来年は中止になったと、TVのニュースで報道されていました。 議員先生達が税金を使って後援者達に媚を売るのはどうかと思いますが、桜を見る会自体は面白い催しだと思います。 只、せこく税金を使うのでは無く、税金を集めるための催し物にしたら如何でしょうか。 国の運営に功績が有った人達をご招待するのとは別に、国会議員の推薦に因る一般参加者を有料で集めたら如何でしょうか。 ご招待は1,000人程度、有料の一般参加者は1万人ほど、料金は5万円では高すぎますか、芸能人やスポーツ選手に逢えるのならば決して高くは無いと思います。 この際ツアーを組んで選挙資金を集める事には目を瞑りましょう、その代わり一般参加者が起こした問題は、推薦した議員に取って頂きましょう。 又、議員だけではなく、省庁も税金を集める組織に変えられない物でしょうか、税金を集めるのは財務省と云った考えを変えませんか、警察庁も、文部科学省も、環境省も全ての省庁が税金を集めるのです。

 添付写真の一枚目は桜の杜で撮影した十月桜です、なぜか昨日も撮影したのですがこの季節の桜は勢いに欠けます、弱々しくて頼りなくあの潔さが在りません、何かを暗示している様です。
 二枚目と三枚目の写真は善福寺公園で撮影した物です、森のアート展なる催しなのですが、木や下草を傷めているだけの様にしか見えません、ご自分達で森を育てるところから始めては如何でしょうか。

posted by kazz at 14:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする