2019年03月27日

徘徊歳時記 ’19-17 咲いた、さいた

2019.03.27a 019Bl.jpg 2019.03.27b 061Bl.jpg

2019.03.27

徘徊歳時記 ’19-17
咲いた、さいた

 待ちに待った桜の花が咲き始めました、吉祥寺の井之頭公園の桜は3分咲きと言った所でしょうか、桜が咲き始めたのに続いて春の高校野球も始まりました。 高校野球には、時代錯誤と謂ったら良いのか其れとも何を考えているのか、チョット理解出来ないと言うか納得のいかない所が有ります。 一番は投球数の制限がない事、二番は何とか枠での甲子園出場、そして解説の内容が理解し難い事です、教育の一環と言いながら世の中の変化に背を向けている様に感じます。 私達の知りたい事は、この投手はプロに入って何勝出来るのか、この打者はヒットを何本打てるのか、又このフィルディングはプロで通用するのかと言った事です。

 噺を桜に戻します、井之頭公園は開花宣言が出される前から人の波が出来ています、吉祥寺駅の周辺も同様ですがとにかく混雑しています。 昨日そして今日は平日にも関わらず終末の如き混雑振りです、学校が春休みに入った事もその一因かもしれません。
 井之頭公園ではここ一週間から10日の間に、春の野草が幾つも咲き始めていなす、其の内の幾つかは前回までのブログでも紹介させて頂きました。

 添付写真の一枚目でご覧頂く花は井之頭公園で撮影しました、一人静かと呼ばれている野草です。 手元の資料に拠れば、義経&静かの静御前に由来した命名だそうです。
 二枚目の写真は待ちに待った井之頭公園の桜です、七井橋の袂で撮影しました。 満開は今週末でしょうか、其れとも週明けになるのでしょうか、微妙です。 

posted by kazz at 17:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月21日

徘徊歳時記 ’19-16 開花宣言 2019

2019.03.20 043Bl.jpg 2019.03.20 082Bl.jpg

2019.03.21

徘徊歳時記 ’19-16
開花宣言 2019

 ここ数日暖かい日が続いています、一昨日そして昨日は暖かいどころか暑いほどの陽気でした。 こんな陽気も有って長崎では昨日に開花宣言が有ったようです、また東京の標準木も四輪開いたとか、宣言が出せる五輪までには一輪たり足りないとかで、開花宣言は今日に持ち越しに成ったとTVのニュースが伝えていました。

 染井吉野の開花は今日か明日かと言った所ですが、吉祥寺界隈でも河津桜や寒緋桜などは既に咲いています、寒緋桜は今が見頃、河津桜に至っては既に散り始めています。 桜の外ですと辛夷、桃、諸葛菜、土佐水木、連翹なども咲き始めています、春真っ盛りと言うよりはもうすぐ初夏と謂いたくなる様な勢いです。

 添付写真の一枚目は、昨日善福寺公園で撮影した河津桜です、既に散り始めていますが上手く除けて撮影すればマダなんとかなります、薄緑の若葉も絵になると思うのですが如何でしょうか。
 二枚目の写真は同じく善福寺公園で撮影した寒緋桜です、この桜は花の色も紅が強いですし、また花弁の形も特徴的です、珍しい桜と言って好いのではないかと思うのですが。 SFレンズを使って空を見上げる状態のアングルで、花弁の中を覗き込む様に撮影しました。

posted by kazz at 16:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月16日

徘徊歳時記 ’19-15 花粉症 2019

2019.03.15 033Bl.jpg 2019.03.15 171Bl.jpg

2019.03.16

徘徊歳時記 ’19-15
花粉症 2019

 今年も花粉症の季節が遣ってきました、3月に入って一週間くらい経った頃に鼻に来たのを感じまして、特にここ一週間ほど良い天気が続いていましたので鼻の奥が炎症を起こしたり、目が痒くなったりと、鬱陶しい日を過しています。 しかし困った事は花粉症だけでは有りません、先日、写真のデータを整理している時の事です、画像データをsaveしているH.D.が突然downしてしまったのです、此れには些かまいりました。 ディスクは回転している様なのですが、コツコツと音が聞えるのです、当然の事ですがP.C.のUSB端子に接続しても画面には表示されません。

 今日は朝から曇り空でいつ降り出してもおかしく無い空模様でした、そんななかH.D.のDate復旧のため新宿のヨドバシカメラに出かけました。往きは好かったのですが、帰りの電車を降りて駅を出た所でポツポツと来ました、そして家に着いた時には土砂降りです。

 添付写真の一枚目は井之頭公園の池の辺りで撮影した耳形天南星です、花の前の立札にこの様に書いてあったので間違いないと思います、因に読みはミミガタテンナンショウと書かれていました。 花の色はお世辞にも綺麗とは言えませんが、形はとてもユニークです、何処が花弁でどこが雄蕊や雌蕊なのかも判りません。
 二枚目の写真ですが此方も池の辺りで撮影したものです、咲き始めた辛夷の花とスワンのボート、暖かさを感じます、花見の季節は間もなくと謂った所でしょうか。

posted by kazz at 18:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月10日

徘徊歳時記 ’19-14 三寒四温

2019.03.09 071Bl.jpg 2019.03.09 095Bl.jpg

2019.03.10

徘徊歳時記 ’19-14
三寒四温

 春先の天気を表した言葉に三寒四温が有ります、中学の社会科、又は高校の地理の時間に習った様な記憶しています。 3日寒い日が続いた後は4か暖かい日が来る、これを繰り返しながらダンダンと春が進んで行くと言った事なのですが、今年はどうも違う様子です。 寒と温が繰り返し遣って来る事には変わりないのですが、3と4のサイクルではないのです、三寒二温とか二寒一温とかチョット短いサイクルなのです。 今日は陽が射しておらず雨が降って来そうで寒い日です、昨日は陽が射して暖かい日でした、そして一昨日は陽が射しているものの風が冷たい一日でした。

 吉祥寺界隈でも河津桜や寒緋桜が咲き始めています、水仙と山茶花は終っています。 また、福寿草は陽当たりの好い所では終りかけていますが、陽当たりのあまり好く無い場所では今が見頃でしょうか。 今が見頃の花と言えば三椏、マンサク、梅そして椿等でしょうか。

 添付写真の一枚目は名前の判らない花です、昨年も撮影したのですがその時は日陰に咲いている事も有って、福寿草かなと思っていたのですが葉っぱの形が違います。 
 二枚目の写真は紫陽花ですが、皆様がご覧になるところの梅雨時のアジサイとは少し赴きが異なります。 枯れた花弁と若い芽ですが、この季節らしくは無いでしょうか。

posted by kazz at 15:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月06日

徘徊歳時記 ’19-13 山茱萸

2019.03.05 025Bl.jpg 2019.03.05 136Bl.jpg

2019.03.06

徘徊歳時記 ’19-13
山茱萸

 今日は朝から曇り空ですが寒いと言った感じでは有りません、昨日は一日中陽が咲いていたのですが、陽が射しているわりには暖かくない、そんな天気でした。

 二月後半あたりから何故かSFレンズにはまっています、確かに春の空気感を出そうとするとSFを使いたくなります。 一群二枚で色収差を取っただけのレンズですが、絞りをコントロールする事により面白い絵が出来上がります。 イマゴンのグリッドも手元に有ります、何度か此のレンズの前に取付けて撮影した事も有りますが、思った様な結果に辿り着けません。 グリッドに因るボケの出方がどうも私の感性とは合わないようです、チャンスが有ったら一度使ってみたら如何でしょうか、使ってみない事には始まらないと思います。

 添付写真の一枚目は山茱萸です、サンシュユと読みます。 昨日、井之頭公園の池の周りでSFレンズを使用して撮影したのですが、未だチョット早いかなと言った感じです。
 二枚目は柊南天です、同じく昨日、井之頭公園です。

posted by kazz at 17:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月01日

CP+ 2019

2019.03.01 019Bl.jpg 2019.03.01 065Bl.jpg

2019.03.01

CP+ 2019

 3月になりました、今日は午前中が曇りで未明は雨が降っていたようです、しかし午後からは陽射しも有り暖かい日でした。 昨日は雨、結構強く降っていましたが、それでも寒さは其れ程でもなかった様に感じました。

 昨日はその強い雨にも負けずに横浜に行っておりました、そうですミナト未来で開催されているCP+の調査です。 写真関連の展示会ですから見学ではなく調査です、遊びに行った訳では有りません、調べたい事が有ったのでカメラなど余計なものは持って行きません。 カメラ本体やレンズ等は混合っている展示会よりは、新宿や銀座のショールームの方がゆっくりと調べられます。 展示会で調べたいのは写真用品で、特にはプリンタ用の和紙、防水型のカメラバック、三脚等です。 またここ数年はミラーレスカメラが出品されています、今年はニコンもキャノンも上級機種を出しました、例えばニコンのミラーレスの本体にキャノンの従来のレンズを取付ける、こんな事も理論的には可能になりました。 中小のメーカが変換マウントを発売しているのか、又は開発計画は有るのか、こんな事も調査の対象です。

 添付写真の一枚目は三椏です、SFレンズでアップにして見ました、前回ご覧頂いた三椏とはチョット違う様に撮れました。
 二枚目の写真はマンサクです、去年までご覧頂いていたのは枯れた葉と同時に花が咲く種類のマンサクで、支那マンサクと呼ばれている品種です。 今日添付した方が一般的なマンサクのようです、去年までは万作と表記していましたが、金縷梅と書くのが正解のようです。 
 一枚目、二枚目共に本日午後に井之頭公園の池の周りで撮影しました。

posted by kazz at 16:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする