2018年11月14日

徘徊歳時記 ’18-46 冬ですね

2018.11.14 012Bl.jpg

2018.11.14

徘徊歳時記 ’18-46
冬ですね

 今日は朝から良く晴れていました、3日間ほどドンヨリとした日が続いた後の久しぶりの晴れです、しかし昨日、一昨日よりは寒いように感じます、でも風が強い訳ではありません。

 今日は玉川上水と吉祥寺駅の近辺を歩きました、吉祥寺駅の北口ロータリーには既にクリスマスツリーが飾られています。 このツリーですが飾り付けの作業は先月中に終わっていました、然れども11月に入っても点灯には至っていなかったのです、ツリーにライトが点灯されているのを最初に見たのは11月7日の夜です。 11月7日は立冬でしたので、この日の夕方に点灯式が行われたのでしょうか。 今日の北口散歩は下見だけで撮影はしておりません。

 添付写真は烏瓜です、この朱い実を見掛けるともう冬に成ったのかと感じます、前出の如く11月7日が立冬でした。

posted by kazz at 20:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月06日

徘徊歳時記 ’18-45 子供の頃に

2018.11.05 006Bl.jpg 2018.11.05 011Bl.jpg

2018.11.06

徘徊歳時記 ’18-45
子供の頃に

 只今雨が降っています、朝起きた時はどんよりした空でしたが取り敢えず雨は降っていませんでした。
 昨日は朝起きた時は青空が見えていました、ヒゲを剃って歯を磨いて出掛ける準備をしていると、雲が出て来て青空が見られなくなります。 諦めて家でブラブラしていると、雲が切れて来て正午過ぎには太陽が顔を出します、こうなれば撮影に出ない手は無いでしょう。

 13時前に家を出ますと道路は濡れています、午前中の雲の出ている時間帯に雨も降っていたようです。 向かった先は前回の散策と同じで、玉川上水を井之頭公園から下流に進みます。 11/2のブログを書いている時に、もう少し踏み込んで撮影したならば、こんな考えが過ったからです。

 添付写真の一枚目は、名前の判らない野草です。 子供の頃には野原で良く見掛けた野草ですが、名前は覚えていません、また手元の資料を開いても出て来ません。
 添付写真の二枚目は、蔓が絡まったものです。 形がチョット面白かったので撮影しました、如何でしょうか。

 10月末or11月初めから朝のストレッチを再会しました。 祇園祭から帰って来て、撮影データの整理を済ませて、そして9月に入っても身体が怠くて仕方がありません、例年ですと9月に成れば体調は戻っていたのですが。 身体が怠くて仕方が無いのは50歳の時にもありました、其れも今回と同じこの季節です、ダンダン寒くなって来る時期です。 50歳の時もストレッチで倦怠感を回避して、10年以上続けていたのですが、3or5年前に何故か止めてしまいました、因ってこの始末です。 ストレッチを再会してから一ヶ月に成ります、身体の彼方此方が痛くて仕様がないのですが、その分関節の可動範囲が広くなった様に感じます。
posted by kazz at 14:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月02日

徘徊歳時記 ’18-44 秋本番

2018.11.01 026Bl.jpg 2018.11.01 123Bl.jpg

2018.11.02

徘徊歳時記 ’18-44
秋本番

 相変わらず陽射しのある日が続いています、この天気が体育の日の前後に来ていたらと思うのは私だけでしょうか。 昼間は青空もあり陽が出ているのですが、日陰ではチョット肌寒いですし、朝晩は大分寒くなって来ました。 こんな陽射しに誘われて昨日は玉川上水を徘徊しました。

 井之頭公園公園から玉川上水を下流に向かって歩いたのですが、秋の足取りを感じました、柿の実は紅く色付いていますし葉も色付き始めています、ススキなどの秋の花も咲いています。 秋は大分深まって来ています、歩いている時は暑いくらいなのですが、撮影中は肌寒さを感じます。 肌寒いと云えばハロウィンのあの馬鹿騒ぎでしょうか、渋谷では仮装禁止などの対策も必要でしょうが、もっと深い問題がある様に感じます。

 添付写真の一枚目は、色付いた柿の実です。 鳥が啄んだ痕が見られますが、こんな処に秋の深まりを感じませんか、収穫は済んでいるようですが、木名乗り柿と云うには多過ぎるほどの実が残されています。
 添付写真の二枚目は、猫じゃらしです。 横須賀に居た頃は良く見掛けた草なのですが、東京に転居してからは見掛ける機会もメッキリ減りました。 
posted by kazz at 16:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする