2018年08月28日

徘徊歳時記 ’18-33 やはり秋

2018.08.28 075Bl.jpg 2018.08.28 119Bl.jpg

2018.08.28

徘徊歳時記 ’18-33
やはり秋

 昨夜の雨、風、そして落雷凄かったですね、TVのニュースを見て又ビックリです。 その影響でしょうか今日は朝から曇り空です、湿度は相当高い様子でしたが陽が射していない分、気温も上がらず今までよりは過ごし易かった様に感じました。 

 今日の徘徊は井之頭公園です、どうせ花は無いだろうと思っての散策でしたが、以外にも秋の花が咲き始めていました。 いくら残暑が厳しかったとは言え、やはり季節は秋に向かっているのでしょうか、秋は良いですよネ、美味しい食べ物が飽きるほど出て来ます。

 添付写真の一枚目は『山路の杜鵑草(ヤマジノホトトギス)』です、花の脇に立てられた看板にはそのように書いてありました、又ユリ科ホトトギス属とも書かれていました。 山路の杜鵑草の隣には山杜鵑草も咲いていました、此方も同じくホトトギス属ですが、花弁の斑点がもう少し紅く大きい様子です。 又ここから200mほど離れたところに、花弁がブルーの品種も見付けました。
 二枚目の写真は『萩』の花です、この花を見るとヤハリ秋だなと感じます。

 萩、尾花、葛花、撫子、女郎花
posted by kazz at 18:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月24日

徘徊歳時記 ’18-32 残暑見舞

2018.08.24 036Bl.jpg 2018.08.24 040Bl.jpg

2018.08.24

徘徊歳時記 ’18-32
残暑見舞

 台風は未明に日本海に抜けてその後熱帯低気圧になったようですが、朝から風が強く蒸し蒸しする一日でした。 こんな中で善福寺公園まで徘徊したのですが、やはりこの強風は花の撮影には不向きです、又この時季花が少ないのもまた事実です。

 添付写真の一枚目は、善福寺公園の下池の睡蓮です。 二枚目の写真は木槿です、吉祥寺駅北口のヨドバシカメラの裏で撮影しました、底紅の半八重ですが名前は不明です。
 睡蓮も木槿もすでに季節は過ぎているようです、夏の名残でしょうか。

 今日の徘徊は台風の通過で蒸していた事も在り、汗は出て来るものの撮影の成果は出ない徘徊でした。

 残暑お見舞い申し上げます
posted by kazz at 21:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月18日

徘徊歳時記 ’18-31 藪茗荷

2018.08.18 039Bl.jpg 2018.08.18 101Bl.jpg

2018.08.18

徘徊歳時記 ’18-31
藪茗荷

 今日は久しぶりに過ごし易い日でした、この1ヶ月否、祇園祭で京都に出かけてからは30℃を越える酷暑か、将又台風に因る暴風雨か、そんな厄介な日が続いていました。

 今日の徘徊は1週間振りでしょうか、正午前の1時間ほどで井之頭公園の池を1周しました。 今までは外に居るだけで汗が出て来るようでしたが、今日は気張って歩けば汗がにじむ程度、撮影には丁度良い気候ではないでしょうか。

 添付写真の一枚目は柿の木です、この時期ですと実はまだ緑色です。 蔕だけが茶色く写っていますが、ここ数日の台風の強風で落ちてしまったものと思われます。
 二枚目の写真は藪茗荷だと思います、葉に映った陰ですが一寸面白いと思いませんか。  姿がミョウガに似ていて藪に生えているので藪茗荷だそうです、又ツユクサ科の多年草だと手元の資料には在ります。
posted by kazz at 18:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月12日

徘徊歳時記 ’18-30 祇園守 ?

2018.08.12 023Bl.jpg 2018.08.12 068Bl.jpg

2018.08.12

徘徊歳時記 ’18-30
祇園守 ?

 此のブログを書くのは8月3日以来ですから一週間振り以上になります、又、撮影に出たのは祇園祭の最中7月29日以来ですから、二週間振りになります。 祇園祭から帰って来て疲れているのは当然の事ですが、暑かったり、台風が来ていたりと中々チャンスが在りません。

 今日は久々の徘徊です11時から2時間ほどで、玉川上水と井之頭公園の池の周りを一月振りに巡ってみました。 ボケ老人の徘徊ならまだ良いのですが、熱中症で倒れでもしたら目も当てられません、そんなコンナで今日までサボっていました。 因って、ブログのネタも無かったと言う事です。 祇園祭が終って、8月に入って立秋も過ぎたと云うのにマダマダ暑い日が続いています、実質的な秋までにはもう暫く懸かりそうです。

 添付写真の一枚目はピンクの木槿です、白の木槿(祇園守)は『祇園祭’18-12』(7/25)でご覧頂きました、祇園守は半八重ですが今日のピンクは八重の様に見えます。 外側の花弁は同じ様に見えますが、内側の花弁の大きさが違っている様に見えませんか。
 添付写真の二枚目は百日紅(サルスベリ)です、此の花を見掛けると残暑だなと感じます、青空と入道雲をバックに撮影するのが良いのでしょうが、今日の天気では然うも行きません仕方無くアップで撮りました。 百日紅は紅の外に白の花も在ります、若い頃(20代かと思うます)の事ですが紫の百日紅を見た記憶が在ります。
posted by kazz at 16:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月03日

祇園祭 ’18-15 野良猫

2018.07.20a 010Bl.jpg 2018.07.29a 135Bl.jpg

2018.08.03

祇園祭 ’18-15
野良猫

 只今東京吉祥寺です、相変わらず酷暑が続いています。 7月30日の夜に吉祥寺に戻って、31日は荷物の片付け、8月1日はカメラの修理で新宿に出かけました。

 前回のブログ「’18-15」で祇園祭を終らせようと思っていたのですが、そうはいかない事態が発生しました、問題は7月9日ホテルにチェックインした時に始まっていたようです。 ホテルに部屋に荷物を入れて、荷物を開いた時には異常は見つかっていません、しかし帰りの荷造りをしている時に異常が見つかります。 アルミの大きなカメラバックに衣類を入れて宅配便で往復させているにですが、吉祥寺を発送する時も京都のホテルに着いた時にも異常は見付かっていません。 でも帰りの荷造りの時には此のカメラバックのフタがロック出来ません、良く見ると錠の部分にヘコミがあります、私の判断は吉祥寺から京都のホテルの間で、バッグの錠の部分に何かがぶつかったのだろうと考えました。

 荷物の移動は往復共にヤマト運輸の宅急便を使用しましたので、吉祥寺に戻って来た時のドライバーに見てもらっても、コンベヤーでぶつかったのだろうとの見解でした、またドライバーからはコールセンタと話をしてくれと云われました。 しかしコールセンタのオペレータはもう一度担当のドライバーを行かせるとの事です、でも此れは無駄な事です。 ドライバーの話を聞いて結論を出すのか、もう一度現物を視るのであれば品質保証の担当者を来させるべき、此の様にオペレータに告げました。

 今になってもヤマト運輸からは何の回答もありません、ヤマト運輸はこの様な問題を本気で対応する気があるのでしょうか、私の目にはドライバーに全ての責任を押付けて、会社は頬被りする積もりにしか見えません。

 噺を祇園祭に戻します、今年撮影した写真をもう一度見渡して、添付し忘れた作品をご覧頂こうかと思います。
 添付写真の一枚目は四条寺町のお旅所です。 普段は土産物店ですが祭の時にはお旅所に戻ります、17日の夜には三社の神輿が渡御して来て、24日の還幸祭までここに留め置かれます。 三社の神輿が飾られているお旅所です。
 二枚目の写真はお囃子です、鉦をアップにした作品ですがさて何処で撮影したものでしょうか?

 一寸前になりますがTVのニュースでは、宅配のドライバーが荷物を放り投げたり、蹴飛ばしたりしている映像が流されました、ヤマト運輸もこの様な企業の一つになってしまうのでしょうか。
 『野良猫ヤマトの宅急便』洒落では済まなくなりそうです。
posted by kazz at 18:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする