2018年05月27日

全国山車祭 015 嵯峨祭

2018.05.27 058Bl.jpg 2018.05.27 623Bl.jpg
全国山車祭 015
嵯峨祭

 ただ今京都のホテルの部屋で此のブログを書いています。 25日(金)の朝に東京を出発して高速バスで京都に来ました、今回は高速道路屋さんの都合で名神高速を使用したので、何時もより30分程余計に掛りました。

 26日(土)の午前中は、祇園祭の撮影の為のマネージメントが2件、午後は本日撮影した嵯峨祭の為の下見です。 そして今日は嵯峨まつりの撮影です、タイトルには全国山車祭と書きましたが、実は嵯峨祭には山車の類は出ません、今回の撮影の目的は剣鉾です。 京都市内の祭で車輪の着いた山車の類が出るものは、私の記憶の中には在りません、その代わりと云っては何ですが祇園祭の鉾の原型と云われている、剣鉾が出る祭が数多く在ります。 過去には粟田神社の剣鉾、八大神社の剣鉾の撮影はしていますが、電線の多い場所での撮影なので思った様な作品にはなっていません。 そんなコンナで今回の嵯峨祭は楽しみにしていました。

 添付写真の一枚目は、お旅所前に飾られた出発前の剣鉾です、剣鉾の前に並んだ人達は剣鉾差しの人達です。 二枚目の写真は、渡月橋を渡る剣鉾です。
posted by kazz at 22:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月17日

全国山車祭 014 若宮まつり

2018.05.15 160Bl.jpg 2018.05.16 257Bl.jpg
2018.05.17

全国山車祭 014
若宮まつり

 今日は朝から曇っています、その所為かどうか判りませんがチョット疲れています。
 浜松からメッチャ疲れた状態で吉祥寺に帰って来て、どうにか平常に戻れたかなと思える様になった12日(土)に高尾山に行って、それでまた疲れてしまった状態で15日に名古屋に出かけた次第です。 名古屋行きは一泊二日で、若宮まつりの撮影です。

 若宮まつりは名古屋市中区に在る若宮八幡社の祭礼で、15日が宵宮、16日が本祭の2日間で催行されます。 15日の宵宮は17時くらいから撮影を始めます、神社に到着した時には既に山車は山車蔵から出され拝殿の前に飾られています、丁度山車に提灯を飾り付ける作業が始まったところでした。 提灯の飾り付けが終了すると今度は消防団の人達に拠る梯子乗りです、その後山車は神社の周りを曳き廻されます。
 16日の本祭は神輿の渡御です、13時に若宮を出発した祭礼の行列は、那古野神社までの2km程の道程を2時間掛けて渡御します。 那古野神社に到着した山車は、鳥居の前で絡繰り人形の演技を披露して、後は30分程の休憩に入ります。 
 私はここで撮影を終了して帰途につくのですが、ここでチョットした疑問が涌いて来ますがこれは何時もの事です、何故か神輿が山車の露払いをしているのです。

 添付写真写真の一枚目は宵宮での一コマです、舞台の上で踊っている女の子をお母さんがスマホで撮影しているところを、後から撮ったものです。 簪が好いと思いませんか、でもお母さんではなく他人です、前に廻ってお顔を拝見すると、お母さんには若すぎるお嬢さんでした。
 写真の二枚目は、山車が辻廻しをしている時の1シーンです、気合いの入ったお兄さん達ですが如何でしょうか、若い女の子にはモテルのでしょうね。
posted by kazz at 15:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月10日

G.W.が明けて

2018.05.04c 003Bl.jpg 2018.05.04c 006Bl.jpg
2018.05.10

G.W.が明けて

 G.W.が明けて此の4日間雨が続いています、空の様子は梅雨の様な感じですが、温度は冬のようで、G.W.のあの真夏の様な暑さが嘘の様です。

 6日(日)の昼過ぎに吉祥寺に戻って、荷物の片付けをして昼食に出かけて帰って来たのが14時半くらいでしょうか、とにかく怠くて睡くて目を覚ました時は17時を過ぎていました。 7日も同じ様な状態で何もする気になれません、まあ此れが齢と言うものでしょうか、カメラの点検と残りの撮影データのSaveを済ませたのは8日です、ブログを書こうなどそんな気持ちには到底なれません。

 G.W.が明けてからは未だカメラを持って外に出ていません、因ってブログを書くネタも無いので、連休中の事を振り返ります。 G.W.前半の4泊は富山県の高岡に居りました、砺波の子供歌舞伎と石動の曳山祭の撮影をして、食べるものも旨かってのですが少々疲れました。 移動日の5月1日は下呂温泉でのんびりしました、疲れも取れてイザ後半戦と浜松に行ったのですが、予想と違う事態と成りました。

 浜松まつりは、昼間は凧揚げ合戦、夜は山車の曵き廻しと豪華です、此の豪華が3日間続くのですから大変豪華です。 祭は興味深く撮影したのですが予想外だったのはホテルです、ツインの部屋と聞いていたのですがシングルのスペースに無理やりベッドを2台入れたもの、此れでは足の踏み場も在りません、荷物の置き場も無い事は云う間でもありません。 問題は外にも在りましたシャワールームです、シャワーノヅルをセットする金具が傾いています、またガタついてもいます(写真一枚目)。 又シャワーのホースが折れています、ホースはカランから下向きに出さないと折れてしまいます(写真二枚目)。 もう一つ、カランが古いのかどうか判りませんが、お湯と水の調整が上手く出来ません。 シャワーを使用中にノヅルが金具から外れて飛び跳ねる事も在りました、トイレの方まで水浸しタオルも濡れてしまいました。

 身体と心を休めるのがホテルなのでしょうが、此れでは安まりませんストレスが募るばかりです、此のホテルの経営者は何を考えているのでしょうか。
 浜松ステーションホテル、くれたけホテルチェーンです、浜松駅の周辺に4〜5店舗、全国で10店舗以上展開しているホテルチェーンです、他所の店舗も此の様にお粗末なのかと思いたくなります。
posted by kazz at 14:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月05日

全国山車祭 013 浜松まつり

2018.05.03 040Bl.jpg 2018.05.04a 098Bl.jpg
2018.05.05

全国山車祭 013
浜松まつり

 浜松には5月2日の夕方に着きました、雨が降っていたので祭の下見も何も無しです、夕食を食べに一度ホテルを出ましたが、その後はシャワーを浴びてTVを見てくらいです。

 3日の朝も雨でした、夕方から山車の曳き廻しを撮影して、此の日は此れで終了です。 4日はいい天気でした、午前中は凧揚げ合戦の撮影ですが、場所は浜松駅前から直通バスで20分程、海岸にある砂丘の会場です。 夜は3日と同じく山車の撮影をしました。

 添付写真の一枚目は、山車の曳き廻しを撮影したものです、外観は二層に見えますが、単層の囃子屋台です。 囃子は締太鼓に鼓と大鼓、笛と大太鼓に鉦そして三味線です、祭囃子にしては豪華だと思います。 二枚目は凧揚げ合戦の写真です、糸を下から掬い上げられて撃沈寸前のシーンです。

 今日も午前中は凧揚げ合戦です、子供の凧揚げのはずですが行って観ると大半は大人があげています、確かに子供の体重では軽すぎて、凧揚げではなく子供が持ち上げられてしまうかもしれません。

posted by kazz at 16:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月02日

徘徊歳時記 ’18-22 下呂温泉

2018.05.01 073Bl.jpg 2018.05.01 079Bl.jpg
2018.05.02

徘徊歳時記 ’18-22
下呂温泉

 今日は雨です、浜松駅南口の駅前のホテルでブログを書いています。 5月1日の午前中に高岡駅前のホテルをチェックアウトして、今日の16時過ぎに浜松駅に着きました。  チョット変ですよね、一泊分の時間が何故か空白になっています。

 4月の28、29、30は富山県で撮影をしていて、明日5月3日から5日までの3日間はここ浜松での撮影です。 明日の撮影の為に前日のうちに浜松に入った訳ですが、昨日5月1日の一泊分が空いてしまいます、能登の温泉にでも行こうか、其れとも京都にでも行こうか、こんな贅沢な悩みを抱えていたところ。 高岡から浜松ならば富山と名古屋間を走っている高山線を使ったら如何だろう、どうせ高山線に乗るのであれば、途中下車して温泉にでもと言う事になって、下呂温泉に一泊する運びと成りました。
 14時にテックインして翌日チェックアウトするまでに7回も湯に入りました、またホテルの館内を散策して内装などの撮影もしました、下呂温泉に来てまでも俳諧歳時記です。  下呂温泉で宿泊したのはホテル水明館です、お湯も素晴らしいし建物も立派です、こう成りますとお値段の方は大江戸温泉などと云った訳には成りません。

 添付写真の一枚目は、襖紙の部分ですが京唐紙だと思います、前に見た京唐紙の紋帳にこんなデザインが在りました。 二枚目は照明の笠です、楓でしょうか其れともモミジでしょうか。
posted by kazz at 20:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする