2018年03月11日

徘徊歳時記 ’18-15 陽射し

2018.03.10a 162Bl.jpg 2018.03.10b 059Bl.jpg

2018.03.11

徘徊歳時記 ’18-15
陽射し

 今日は3月11日、東日本大震災の7年目です、朝からTVのニュース番組などでは何かと賑やかに報道されています、否、今日が日曜日の所為も在るのでしょうか、一昨日の金曜日あたりから賑やかになっていました。 福島原発の関連地域以外では、復興が大分進捗しているように見受けられるのですが、しかし原発関連となるとまるで先が見えない状態と云っても良いのではないでしょうか。 政府、東電、福島県はこの問題をどの様に収集する積もりなのでしょうか、森友問題もそうですが担当者が自殺して、局長が辞職して、此れで幕引きと言う訳には行かない、と思うのは私だけではないと考えています。

 昨日は陽射しもありよい天気でした、午後から玉川上水を徘徊したのですが、蕗の薹と福寿草を見掛けました、日陰に成っている所為も在るのか、井之頭公園の池の周りに較べると大分遅い春の様に感じます。 ほかには椿と水仙が咲いていました、水仙は蕗の薹や福寿草と同様に池の周りでは既に終っています。 椿はと言いますと、池の周りでも玉川上水の周囲でも、雑木林の中に植えられていて日陰に成っている状態です。

 添付写真の一枚目は、玉川上水でも井之頭公園の中を流れている所の椿です、井之頭公園の中は椿が多く植えられていて、品種も多く見掛けます。 色彩で分けますと紅、白、ピンクに絞りと在り、絞りに関しては3種類以上が在るのではないでしょうか。 又、姿的には一重と八重が在りますが、八重に関してはその形も様々です。
 添付写真の二枚目は、玉川上水の左岸(南側)堤の日溜まりに咲いていた水仙です。 水仙と云えば白を思い浮かべるかと思いますが、薄い黄色もまた好いのではないでしょうか。
posted by kazz at 15:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする