2017年12月15日

徘徊歳時記 ’17-52 初冬の彩

2017.12.08a 259Bl.jpg 2017.12.10b 005Bl.jpg

2017.12.15

徘徊歳時記 ’17-52
初冬の彩

 11日(月)の夜に京都より吉祥寺に戻って、チョット疲れもあってここ数日はブラブラとしておりました。 吉祥寺界隈を歩いているとコウヨウは既に終っています、京都でも終りかけていたのですからそれも致し方ない事です、駅の周りの商業施設のデコレーションはクリスマス一色です。 京都のコウヨウは東福寺と下鴨神社の糺の森で撮影しています、8日と10日のブログにも添付しましたがこんな写真では京乃彩にはなりません、4泊5日の大根ツアーだったのですが、大根焚き以外で京都らしさが表現出来ている、こんな写真は無いかとデータを見返しました。 初冬の京都と言えばコウヨウでしょうか、コウヨウと言っても大きく黄葉と紅葉の二通りがあります、黄葉ならば銀杏の黄葉でしょうか、また紅葉ならばやはり楓の紅葉が一番でしょうか。 それと京都らしさとなると寺や神社の社殿、社殿の屋根や築地塀の瓦、こんなところでしょうか。 
 添付写真は東福寺の紅葉と、糺の森の中に在る河合神社に黄葉です。
posted by kazz at 18:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする