2017年12月28日

徘徊歳時記 ’17-54 仕事納め2017

2017.12.28 032Bl.jpg

2017.12.28

徘徊歳時記 ’17-54
仕事納め2017

 年の瀬もだいぶ押し迫って参りました、夜の徘徊は昨日がピークでしたでしょうか、今夜は昨夜よりも人出が少なかった感じです。 昼間は吉祥寺駅の周りを徘徊しましたが、此の時間帯はクリスマスの頃と同じ様な人混みでした。
 今日は官庁の仕事納めです、私の徘徊も今日が今年最後になるのでしょうか、もう1度くらいは出掛けられると良いのですが。 今日の徘徊では駅の周辺の商店街で、正月飾りを販売しているところを撮影してみました、此れも年の瀬の風物詩です。 写真を添付します。
posted by kazz at 22:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月24日

徘徊歳時記 ’17-53 Merry Xmas 2017

2017.12.23 028Bl.jpg

2017.12.24

徘徊歳時記 ’17-53
Merry Xmas 2017

 今夜はクリスマスイブ、そして昨日は天皇誕生日でした。
 昨年も一昨年も同じだった様な気がしますが、この時期の撮影はやはりクリスマスイルミネーションになってしまいます、昨夜も此の撮影に出ていました撮影場所も昨年と同様で吉祥寺の駅周辺です。 クリスマスイルミネーションと云えば何処の飾り付けも似たり寄ったり、又前の年とも代わり映えがしないこんな感想ではないでしょうか、しかし昨年までと少し違っているのは駅ビルのデコレーションでしょうか。 吉祥寺駅の今年の飾り付けは、北口の駅ビルのグランドフロアーに在る花火の広場が、昨年までとは変わったと感じました。 ここ数年は、北口のロータリーやアーケードの飾り付けが簡素に成って来ていて、寂しいいなと感じていた所、昨年からでしょうか南口の山用品店が大きなツリーに飾り付けをしていて、結構賑わっている様子です。
 添付の写真は吉祥寺駅北口の花火の広場のデコレーションを撮影したものです。
 冬至も過ぎましたので年明け辺りから、日が長く成るのを徐々に感じられるのではないでしょうか。
posted by kazz at 20:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月15日

徘徊歳時記 ’17-52 初冬の彩

2017.12.08a 259Bl.jpg 2017.12.10b 005Bl.jpg

2017.12.15

徘徊歳時記 ’17-52
初冬の彩

 11日(月)の夜に京都より吉祥寺に戻って、チョット疲れもあってここ数日はブラブラとしておりました。 吉祥寺界隈を歩いているとコウヨウは既に終っています、京都でも終りかけていたのですからそれも致し方ない事です、駅の周りの商業施設のデコレーションはクリスマス一色です。 京都のコウヨウは東福寺と下鴨神社の糺の森で撮影しています、8日と10日のブログにも添付しましたがこんな写真では京乃彩にはなりません、4泊5日の大根ツアーだったのですが、大根焚き以外で京都らしさが表現出来ている、こんな写真は無いかとデータを見返しました。 初冬の京都と言えばコウヨウでしょうか、コウヨウと言っても大きく黄葉と紅葉の二通りがあります、黄葉ならば銀杏の黄葉でしょうか、また紅葉ならばやはり楓の紅葉が一番でしょうか。 それと京都らしさとなると寺や神社の社殿、社殿の屋根や築地塀の瓦、こんなところでしょうか。 
 添付写真は東福寺の紅葉と、糺の森の中に在る河合神社に黄葉です。
posted by kazz at 18:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月10日

徘徊歳時記 ’17-51 大根焚き

2017.12.09 130Bl.jpg 2017.12.10a 062Bl.jpg 2017.12.10a 251Bl.jpg

2017.12.10

徘徊歳時記 ’17-51
大根焚き

 未だ京都に居ります、前回(12/8)のブログを読み返して見ると誤字・脱字・てにをはの間違えのオンパレード、恥ずかしく成りました。
 一昨日は思った様に撮影出来なかった大根焚きですが、昨日は鳴滝の了徳寺、今日は岩倉の妙満寺に出向き、何とか撮る事が出来ました。 昨日は午前中に嵐山を徘徊して、その後嵐電に乗って了徳寺に向かいました、宇多野の駅から大根焚きの会場までは徒歩で15分程、了徳寺は小さな寺ですが思ったよりは賑わっていました。
 今日の妙満寺は地下鉄の宝ケ池駅から徒歩で20分程、境内は広く社殿も大きな寺院です、大根焚きとは関係ありませんが緑の苔の上に散った楓の紅葉が綺麗でした。 帰りは木野の駅から叡電に乗り出町柳に出て、下鴨神社の糺の森を徘徊してからホテルに戻りました。
 添付写真の1枚目は器に盛り付けられた大根と油揚げで、了徳寺の大根焚きで出されるものです。 2枚目は大きな鍋かで焚いた大根と油揚げを器に盛付けているところで、妙満寺の大根焚きの一場面です。 3枚目は妙満寺の境内の庭の苔の上に散ったモミジです。
posted by kazz at 22:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月08日

徘徊歳時記 ’17-50 鯖と千枚漬け

2017.12.07 001Bl.jpg 2017.12.08a 103Bl.jpg 2017.12.08a 190Bl.jpg

2017.12.08

徘徊歳時記 ’17-50
鯖と千枚漬け

 京都のホテルで此のブログを書いています、昨日の夕方に京都に到着して、今日の午前中は東福寺にそして午後からは千本釈迦堂に行ってきました。 今回京都に来た目的は京都の冬の風物詩、大根焚きの撮影です。
 大根焚きは昼前後からですので午前中は時間があります、因って先ずは東福寺に出向きました、楓の紅葉は既に終っているものと思っていたのですが、確かに通天橋の辺りは既に落ち葉と化しています、しかし未だに残っている所もありました。 苔の上に落ちた紅葉、まだ木の残っていた楓の紅葉、そして枯れた蓮池などが撮影出来ました。 撮影は思いのほか上手く言ったのですが今朝の寒さには閉口です、ホテルに手袋を忘れて出掛けてしまった為、余計に寒さが身にしみました。
 午後からは千本釈迦堂に出向いたのですが、大根焚きは思った様に撮影出来ません、大きな鍋で大根を煮ている所を撮影したかったのですが、どうにも上手く行きません。 上七軒の家並みなどを撮影して帰りました。
 ソウソウ忘れていました、昨日は面白いものが撮影出来ました、鯖鮨は一般的に昆布を巻いた状態で切り分けるのですが、昆布の代わりに千枚漬けを巻いた棒鮨を食べました。 千枚漬けは京の冬の味わいです、頂く前に先ずは撮影をして、その後はウンチクを言いつつ食した訳です。
 添付写真の1枚目は、鯖と千枚漬けの鮨です。 2枚目と3枚目は東福寺で撮影した散った紅葉と冬の蓮池です。 京の初冬、如何でしょうか。
posted by kazz at 20:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月04日

徘徊歳時記 ’17-49 和風庭園

2017.12.01 002Bl.jpg 2017.12.01 054Bl.jpg 2017.12.01 130Bl.jpg

2017.12.04

徘徊歳時記 ’17-49
和風庭園

 今日は午前中に杉並区荻窪の大田黒公園に出掛けました、一週間程前のTVのニュースでライトアップした紅葉を放映していたのを見たからです。 12/1の午後に一度撮影して、此の風景ならば大きいフォーマットのカメラでも撮影した方が、こんな事から今日は645Dを持って出掛けた訳です。 大田黒公園はJR荻窪駅から南東へくねくねと曲がって、徒歩で10分程の所にあります、元は何方様かの邸宅だったのでしょうか。 門を入ると50m程の銀杏並木が在り、銀杏並木を通り過ぎ中門を潜った先は、小川が流れ池に注ぎ東屋があって、要するに楓の紅葉した和風の庭園です。 今日はラージ・フォーマットにふさわしい風景にコミットして、楓の紅葉と銀杏の黄葉を1時間程かけて撮影しました。
 添付の写真は今日撮影したものではなく、12/1に出掛けたおりApscのカメラで撮影した作品です、Blogの画面では645Dの解像度は無駄になると思いますので此の様になりました。
posted by kazz at 19:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする