2017年11月01日

徘徊歳時記 ’17-43 渋皮煮

2017.11.01 004Bl.jpg

2017.11.01

徘徊歳時記 ’17-43
渋皮煮

 11月に入りました、今日は京都から此のブログを書きます。 徘徊歳時記とタイトルしましたが、酔いどれ歳時記とした方が好いかもしれません。
 昨日夕方5時過ぎに高速バスで京都に入って、夜は今年の祇園祭の成果報告を目的に繁華街に出向きます、作品を見て頂き一通りご高批を賜った後は打ち上げの時間です。 ここで出されたのが栗の渋皮煮です、此れを箸で割っておもむろに食べ始めると、解っているんだとの店主の物言いです。 そこで此方から突っ込むと、東京からのお客さんは渋皮を剥いてから食べるんだ、との答えが帰って来ます。 デモそれって変だよね、和食は皿に盛られた物は全て食べられるのが原則だよね、枝豆の皮は食べずに残すけど、こんな噺で行ったり来たりになります。 そんなコンナで今日は素面の状態で、栗の渋皮煮を撮影をする事になりました、先ずはご覧下さい。 
posted by kazz at 18:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする