2017年06月28日

徘徊歳時記 ’17-28 梅雨本番

2017.06.27 099Bl.jpg 2017.06.27 188Bl.jpg

2017.06.28

徘徊歳時記 ’17-28
梅雨本番

 ここ1週間ほどは梅雨らしい天気が続いています、今もパラパラと降って来ています。
 昨日は朝から曇りで太陽に会えない1日でした、10時半くらいから2時間ほど散歩に出ました、この日の徘徊は玉川上水で井之頭公園へ入るところから上流に進み、三鷹駅の南口までの往復です。 途中でパラッと降られたり、また蒸し暑かったりと、もう梅雨の本番の真っ只中と云ったところです。
 雨が降ると紫陽花の色が濃くなりますし、生気を失い掛けていた葉や花にも活気が出て来たようです、水滴が着いている葉も見受けられます。 1枚目の写真はこんな中で撮影した紫陽花です、色と形が面白いかな、こんなところが気に入っています。
 2枚目の写真は一ヶ月ほど前によく見掛けた光景です、楓の葉がもう少し淡い色だったかなと記憶しています、紅い竹トンボの様な形のものは、花なのでしょうか其れとも芽なのでしょうか。
posted by kazz at 10:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月25日

徘徊歳時記 ’17-27 千日詣り

2017.06.24 031Bl.jpg 2017.06.24 100Bl.jpg

2017.06.25

徘徊歳時記 ’17-27
千日詣り

 今日は朝から雨がぽつぽつと降っています、まあ梅雨らしい空模様と謂ったところでしょうか。 昨日はと云いますと今年特有の梅雨らしく無い梅雨、暑い一日でした。
 昨日はその梅雨らしく無い暑さの中を愛宕神社へ行ってきました、愛宕と言いましても京都奥嵯峨の愛宕山、日伏せの神さんではありません、東京都港区愛宕の愛宕山でNHKの放送博物館があるところです。 愛宕神社の千日詣りの縁日で、ネットで調べたところでは『ほおずき市』があるとの事でしたが、12時過ぎに到着した時には既に『ほおずきは完売』の貼り紙が出ていました。 ほおずき市と云いますと浅草が有名でTVのニュース等でもよく目にします、因って浅草のようにほおずきを売る店が彼方此方にあるのかなと、こんな思い込みで出掛けたのですが。 ほおずきを売っているのは社務所の1ヶ所だけです、一寸気落ちしましたが頭を切り替えて撮影に臨みます。
 千日詣り、ほおずき市となっていますが、本殿前の鳥居には茅の輪が掛けられています、茅の輪とくれば夏越の祓いでしょうか。 1枚目の写真は此の茅の輪を潜る参詣者の足を撮ったものです、2枚目は社務所で取り置きしていた『ほおずき』です。 境内の彼方此方には紫陽花も咲いています、此れも季節の花なので取り敢えず撮影しておきました。
posted by kazz at 10:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月20日

徘徊歳時記 ’17-26 本当に梅雨ですか?

2017.06.20 008Bl.jpg 2017.06.20 083Bl.jpg

2017.06.20

徘徊歳時記 ’17-26
本当に梅雨ですか?

 TVの天気予報で梅雨に入ったと報じられてから大分経ちました、京都に出掛ける前に一度雨の中での撮影をした記憶が有ります、しかし梅雨だと云った感覚はありません。
 今日も13時くらいから1時間ほど井之頭公園の池の周りを徘徊しました、紫陽花の花の色は大分濃くはなっていますが、それでも梅雨は感じられません。 陽が当たっている株はもちろんですが、日陰に在る花にも力がなく、とにかく葉がシオレ掛っている事が気になります、こんな状態では梅雨時の写真には程遠いかもしれません。 そんな中でも時節の写真を撮影しない訳には行きません、何と言ってもタイトルが俳諧歳時記ですので、そんなコンナでやっと見付けたのが添付の2枚です。
 椿の実って此の時期でしたっけ、前にも撮影した記憶はあるのですが、何時だったかなと言ったところです。
posted by kazz at 17:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月15日

祇園祭 ’17-01 雅楽奉納

2017.06.14a 026Bl.jpg 2017.06.14a 313Bl.jpg

2017.06.15

祇園祭 ’17-01
雅楽奉納

 昨日の夕方に京都に着きました、ただいま烏丸松原のホテルの部屋で此のブログを書いています。
 未だ七月なのにタイトルが祇園祭とは如何なる事か、こんな疑問をお持ちの方も多いかと思います、確かに祇園祭本来の行事は七月に入ってからですが、長刀鉾のお稚児さんに関する事はゴールデンウィークの前後から、神輿の関する事は五月末あたりから始まっています。 江戸時代の祇園祭では6月14日(旧暦)に神幸祭(前祭)が行われていました、明治になって暦日法が改正されるとその年の旧暦6月14日が、新暦では7月17日にあたる事から、其れ以後は7月17日に行われる事になりました。 暦日法の改定以後は旧暦時代の6月14日の神幸祭を忍んで、この日の夜に雅楽奉納を開催する事になりました。
 そして今日は例祭です、祇園祭の関係団体の代表者が一堂に会します。 正月の準備を暮れの13日から始める様に、6月15日の例祭は祇園祭の事始めと捉えておけば理解し易いと思います。 本殿での神事の後は、舞殿で『東遊び』が奉納されます。
 添付の写真は2枚とも6月14日の雅楽奉納を撮影したものです、久しぶりの舞台撮影に成りました。
posted by kazz at 15:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月12日

徘徊歳時記 ’17-25 梅雨の中休み?

2017.06.12 146Bl.jpg

2017.06.12

徘徊歳時記 ’17-25
梅雨の中休み?

 梅雨入りはしたのですが武蔵野地区では未だにまともな雨が降っていません、梅雨入りしてそのまま梅雨の中休みこんな感じです、でもやっぱり梅雨です気温のわりには蒸し暑い、湿度が高いのでしょうか。
 今日も昼から善福寺公園に出掛けました、今日は徘徊ではありません目的が有りました、やはり此の季節は菖蒲・杜若そして紫陽花でしょうか。 紫陽花は大分色付いて来ました、でももっと濃くなるでしょう、取り敢えず撮影しましたがもっと濃くなって雨に濡れているところを狙っています。 菖蒲・杜若はそろそろ終わりの時期です、此方も雨に濡れた絵は撮れていません来年の宿題です。 不本意な写真ですが、今年の成果をご覧下さい。
posted by kazz at 17:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月08日

徘徊歳時記 ’17-24 梅雨入り 2017

2017.06.08 054Bl.jpg

2017.06.08

徘徊歳時記 ’17-24
梅雨入り 2017

 昨日が梅雨入りだったようです。
 今日は12時過ぎからの徘徊でした、井之頭公園の池を1時間半ほど掛けて一回りしました。 天気予報では梅雨入りしたと報じているのですが、どうもその様な感じでは有りません、公園に到着した時は確かに雲が出ていました、しかし撮影の最中は青空が出て来る始末、到底梅雨とは想えませんそれとも五月晴れなのでしょうか。
 とは言いながら紫陽花は確かに色付いて来ています、でも青空の下では私の思い描く紫陽花とはチョット違います、単なる思い込みかも知れませんが。 そこで提案です、こんな写真は如何でしょうか、花をアップにして撮影していますが植物図鑑には成っていないと思うのですが。
 6/5は武蔵野市が行っている健康診断に行ってきました、やはり血圧が高いと云われました。
posted by kazz at 17:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月03日

徘徊歳時記 ’17-23 犬枇杷

2017.06.02b 246Bl.jpg 2017.06.02a 123Bl.jpg

2017.06.03

徘徊歳時記 ’17-23
犬枇杷

 六月に入りました、TVの天気予報では来週にも梅雨入りだと云っています。
 昨日は吉祥寺駅の東側に在る住宅街と善福寺公園を徘徊しました、善福寺公園の撮影は一ヶ月ぶりに成るかと思います。 10時頃から撮影を始めて吉祥寺南町、そして東町と歩いて東京女子大の東側から善福寺公園の下池に入れます。 下池は半時計回りに廻り、水門のところで睡蓮を撮影して、そして紫陽花、上池に入る手前で竹を撮影します。 上池は時計方向に廻り、杜若、紫陽花と撮影を進めて、上池を廻り終える手前のボート乗り場のところでの噺です。 オジサン(オジイさん)がリングフラッシュをセットしたカメラを手にして何やら撮影しています、此の木は先年も撮影しているのですが名前は判りません。  近付いて視ると大学に先生の様な風体です、傍によると先生の方から話しかけて来ます、撮影していた木は犬枇杷だとの事です。 枇杷と言いながらイチジクの仲間だそうで果実の形もイチジクですが、その大きさは小指の爪くらい、熟成しても精々親指の爪より小さいくらいです。 熟成した果実の中にはイヌビワコバチが入り込んで産卵をして、イヌビワオナガコバチがどうのこうの、こう成ると勉強不足の私では噺に追て行けません。
 2枚目の写真は善福寺公園に入る手前、東京女子大の脇で撮影したものですが、此の花の名前は不明です、後日手元の資料で調べます。 前にも書きましたが、植物図鑑に成りがちな徘徊歳時記、此の様に人工物を入れて撮影してみました。
 前出に犬枇杷ですが、私の持っている資料では調べられませんでした。
posted by kazz at 13:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする