2018年09月17日

全国山車祭 017 牛島神社

2018.09.16a 139Bl.jpg 2018.09.16b 177Bl.jpg

2018.09.17

全国山車祭 017
牛島神社

 大雨に降られて家に戻りました、朝から曇り空でしたが夕方から吉祥寺の駅前まで出かけて、用事を済ませて外に出たら大雨でした。 朝から降りそうな気配もあったので、読みが甘かったと云うよりは、油断が過ぎたと謂った所です。

 昨日は墨田区の向島まで出かけました、用向きは牛島神社の祭礼の撮影です、牛島神社は隅田川の東岸、ウンコビルと言問橋の間、隅田公園の中に在ります。 牛島神社の社殿ですが、今は若宮と呼ばれているお旅所の場所、本所二丁目に在ったと聞いています、それが何かの都合で現在の場所、向島一丁目の隅田公園の中に移って来たとの事です。 ですから氏子地域の中心は若宮のある本所辺で、南西は両国界隈、南東は亀戸近くまで在るようです。
 又、牛島神社の祭神は素戔嗚尊ですので、全国山車祭のタイトルはチョット違うかなと云われそうです、全国祇園祭の方がピッタリのような気がします。 そうなると先週の下落合氷川神社も素戔嗚尊なので、牛島神社と同様に全国祇園祭になります。 関東地区には素戔嗚尊を祀った社が数多く在ります、大きな所ですとさいたま市の大宮氷川神社、都内ですと南千住の素盞雄神社などが有名でしょうか。 

 添付写真の一枚目は祭装束です、若宮の地元本所二丁目町会の役員の方が来ていた装束ですが、半纏が薄手ですので中に着ている浴衣の柄が透けています、チョットかっこいいかなと思い撮影しました。 祇園祭に行きますと曳き初めの時などに、鉾町の旦さん達が絽の羽織を着ています、此れはチョットお高いかもしれません。
 二枚目の写真は若宮への宮入です、東京スカイツリーの頭だけが見えます、こんなカットは如何でしょうか。
posted by kazz at 19:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月14日

徘徊歳時記 ’18-35 狂い咲

2018.09.13 009Bl.jpg 2018.09.13 104Bl.jpg

2018.09.14

徘徊歳時記 ’18-35
狂い咲

 9月14日、大分涼しくなりました、今日は朝から雨が降っていました。 取り敢えず今は止んでいます、又雲の間から青空も顔を出していますが、いつ何時降り出してもおかしくないような曇り空です。

 昨日も曇り空でしたが井之頭公園の池の周りを徘徊しました、涼しいと云えば涼しいのですが、やはり湿度の為か少し歩くと汗が滲んで来る感じでした。 昨日の徘徊の成果は花の名前が一つ判った事でしょうか、8月から2~3度撮影している花で花弁は白です。 こんな書き方をしても花のイメージは涌かないですよネ、写真を添付しますのでご覧下さい。

 添付写真の一枚目は仙人草です、前出の花でキンポウゲ科だそうです、旬が過ぎている様子で花が少し痛んでいます。 何処が花弁で、何処が雄蕊で雌蕊なのかも良く判らない花です、又八重なのでしょうか其れとも一重なのでしょうか、名前以外は全てが?の花です。
 写真の二枚目は山吹だと思います、何故そのように思うかと言えば、春にこの枝から山吹の花が咲いていたからです、そうだとすると今咲いている花は狂い咲きと謂う事でしょうか。
posted by kazz at 15:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月10日

全国山車祭 016 裸の婆

2018.09.08 020Bl.jpg 2018.09.09 163Bl.jpg

2018.09.10

全国山車祭 016
裸の婆

一昨日と昨日、8日(土)と9日(日)は久しぶりに祭の撮影に出かけました、場所は東京都新宿区下落合、電車の駅ですとJR山手線および東京メトロ東西線の高田馬場です。 今でこそ早稲田大学の学校城下街ですが、江戸時代ですと赤穂浪士の噺ですとか、私の子供の頃ですと然る噺家に『裸の婆』などと云われていた所です。

 今回の撮影は下落合氷川神社の祭礼です、土曜日の宵宮は村の鎮守の縁日と云ったところです、日曜日には神輿が一社渡御しましたが町内会の小さな祭です、都会の村祭と云ったらお叱りを頂きそうです。 都内にはこのクラスの祭が多く在るようですが調べ切れておりません、下落合の祭を撮影するきっかけは氷川神社の祭神が素戔嗚尊だからです、私に取っては全国の祇園祭ですので神社の社格や祭の規模には関係ありません。 **三大祭のような大きな神社の大きな祭は結構な数撮影で来ています、逆に小さな神社の小さな祭の方が手付かずです、今の私的には小さな祭礼の方が魅力的です。

 添付写真の一枚目は、8日(土)の宵宮の一コマです。 二枚目の写真は9日(日)の神輿渡御の一コマです、老人ホームの玄関先に神輿を留めた場面です。
posted by kazz at 15:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月06日

徘徊歳時記 ’18-34 野分

2018.09.06 087Bl.jpg 2018.09.06 103Bl.jpg

2018.09.06

徘徊歳時記 ’18-34
野 分

 このブログを書くのは10日振りくらいになると思います、暑かったり台風だったりを理由にサボっていた事も事実ですが、先日の金曜から日曜にかけては2泊3日で京都に行って来ました。 30日の木曜日に急遽決まった事ですので、撮影の予定などはたてておりませんし、又撮影の時間など作る暇も無かったと云えます。

 今日の徘徊は11時から2時間ほどかけて井之頭公園の池の周りです、一昨日の台風の通過に伴う風と雨の影響は吉祥寺でも出ています、木の実などが落ちていますし、折れた枝を始末する庭師さんも彼方此方で見掛けます。 花はすべてダメなのかと思っていたのですが結構頑張って咲いています、又、前回の徘徊の時は見掛けなかった、否見落としていた花も見付けました。

 添付写真の一枚目は『水引の花』です、クネクネと曲がりながら伸びていますし、花弁も小さいですし、ピント合わせが面倒な花です。 風がある時は撮影を諦めた方が無難かと思います、柳や連翹の様に動きのある方が面白いとは言い兼ねます。
 二枚目の写真の木の実ですが、野分の後の風情ではないでしょうか、又、大きな切り株の上に5or6個並べて在りました、自然の産物では無く何方かが撮影の為に並べたものでしょう、私でしたら元に戻しておきます。
posted by kazz at 18:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月28日

徘徊歳時記 ’18-33 やはり秋

2018.08.28 075Bl.jpg 2018.08.28 119Bl.jpg

2018.08.28

徘徊歳時記 ’18-33
やはり秋

 昨夜の雨、風、そして落雷凄かったですね、TVのニュースを見て又ビックリです。 その影響でしょうか今日は朝から曇り空です、湿度は相当高い様子でしたが陽が射していない分、気温も上がらず今までよりは過ごし易かった様に感じました。 

 今日の徘徊は井之頭公園です、どうせ花は無いだろうと思っての散策でしたが、以外にも秋の花が咲き始めていました。 いくら残暑が厳しかったとは言え、やはり季節は秋に向かっているのでしょうか、秋は良いですよネ、美味しい食べ物が飽きるほど出て来ます。

 添付写真の一枚目は『山路の杜鵑草(ヤマジノホトトギス)』です、花の脇に立てられた看板にはそのように書いてありました、又ユリ科ホトトギス属とも書かれていました。 山路の杜鵑草の隣には山杜鵑草も咲いていました、此方も同じくホトトギス属ですが、花弁の斑点がもう少し紅く大きい様子です。 又ここから200mほど離れたところに、花弁がブルーの品種も見付けました。
 二枚目の写真は『萩』の花です、この花を見るとヤハリ秋だなと感じます。

 萩、尾花、葛花、撫子、女郎花
posted by kazz at 18:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月24日

徘徊歳時記 ’18-32 残暑見舞

2018.08.24 036Bl.jpg 2018.08.24 040Bl.jpg

2018.08.24

徘徊歳時記 ’18-32
残暑見舞

 台風は未明に日本海に抜けてその後熱帯低気圧になったようですが、朝から風が強く蒸し蒸しする一日でした。 こんな中で善福寺公園まで徘徊したのですが、やはりこの強風は花の撮影には不向きです、又この時季花が少ないのもまた事実です。

 添付写真の一枚目は、善福寺公園の下池の睡蓮です。 二枚目の写真は木槿です、吉祥寺駅北口のヨドバシカメラの裏で撮影しました、底紅の半八重ですが名前は不明です。
 睡蓮も木槿もすでに季節は過ぎているようです、夏の名残でしょうか。

 今日の徘徊は台風の通過で蒸していた事も在り、汗は出て来るものの撮影の成果は出ない徘徊でした。

 残暑お見舞い申し上げます
posted by kazz at 21:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月18日

徘徊歳時記 ’18-31 藪茗荷

2018.08.18 039Bl.jpg 2018.08.18 101Bl.jpg

2018.08.18

徘徊歳時記 ’18-31
藪茗荷

 今日は久しぶりに過ごし易い日でした、この1ヶ月否、祇園祭で京都に出かけてからは30℃を越える酷暑か、将又台風に因る暴風雨か、そんな厄介な日が続いていました。

 今日の徘徊は1週間振りでしょうか、正午前の1時間ほどで井之頭公園の池を1周しました。 今までは外に居るだけで汗が出て来るようでしたが、今日は気張って歩けば汗がにじむ程度、撮影には丁度良い気候ではないでしょうか。

 添付写真の一枚目は柿の木です、この時期ですと実はまだ緑色です。 蔕だけが茶色く写っていますが、ここ数日の台風の強風で落ちてしまったものと思われます。
 二枚目の写真は藪茗荷だと思います、葉に映った陰ですが一寸面白いと思いませんか。  姿がミョウガに似ていて藪に生えているので藪茗荷だそうです、又ツユクサ科の多年草だと手元の資料には在ります。
posted by kazz at 18:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月12日

徘徊歳時記 ’18-30 祇園守 ?

2018.08.12 023Bl.jpg 2018.08.12 068Bl.jpg

2018.08.12

徘徊歳時記 ’18-30
祇園守 ?

 此のブログを書くのは8月3日以来ですから一週間振り以上になります、又、撮影に出たのは祇園祭の最中7月29日以来ですから、二週間振りになります。 祇園祭から帰って来て疲れているのは当然の事ですが、暑かったり、台風が来ていたりと中々チャンスが在りません。

 今日は久々の徘徊です11時から2時間ほどで、玉川上水と井之頭公園の池の周りを一月振りに巡ってみました。 ボケ老人の徘徊ならまだ良いのですが、熱中症で倒れでもしたら目も当てられません、そんなコンナで今日までサボっていました。 因って、ブログのネタも無かったと言う事です。 祇園祭が終って、8月に入って立秋も過ぎたと云うのにマダマダ暑い日が続いています、実質的な秋までにはもう暫く懸かりそうです。

 添付写真の一枚目はピンクの木槿です、白の木槿(祇園守)は『祇園祭’18-12』(7/25)でご覧頂きました、祇園守は半八重ですが今日のピンクは八重の様に見えます。 外側の花弁は同じ様に見えますが、内側の花弁の大きさが違っている様に見えませんか。
 添付写真の二枚目は百日紅(サルスベリ)です、此の花を見掛けると残暑だなと感じます、青空と入道雲をバックに撮影するのが良いのでしょうが、今日の天気では然うも行きません仕方無くアップで撮りました。 百日紅は紅の外に白の花も在ります、若い頃(20代かと思うます)の事ですが紫の百日紅を見た記憶が在ります。
posted by kazz at 16:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月03日

祇園祭 ’18-15 野良猫

2018.07.20a 010Bl.jpg 2018.07.29a 135Bl.jpg

2018.08.03

祇園祭 ’18-15
野良猫

 只今東京吉祥寺です、相変わらず酷暑が続いています。 7月30日の夜に吉祥寺に戻って、31日は荷物の片付け、8月1日はカメラの修理で新宿に出かけました。

 前回のブログ「’18-15」で祇園祭を終らせようと思っていたのですが、そうはいかない事態が発生しました、問題は7月9日ホテルにチェックインした時に始まっていたようです。 ホテルに部屋に荷物を入れて、荷物を開いた時には異常は見つかっていません、しかし帰りの荷造りをしている時に異常が見つかります。 アルミの大きなカメラバックに衣類を入れて宅配便で往復させているにですが、吉祥寺を発送する時も京都のホテルに着いた時にも異常は見付かっていません。 でも帰りの荷造りの時には此のカメラバックのフタがロック出来ません、良く見ると錠の部分にヘコミがあります、私の判断は吉祥寺から京都のホテルの間で、バッグの錠の部分に何かがぶつかったのだろうと考えました。

 荷物の移動は往復共にヤマト運輸の宅急便を使用しましたので、吉祥寺に戻って来た時のドライバーに見てもらっても、コンベヤーでぶつかったのだろうとの見解でした、またドライバーからはコールセンタと話をしてくれと云われました。 しかしコールセンタのオペレータはもう一度担当のドライバーを行かせるとの事です、でも此れは無駄な事です。 ドライバーの話を聞いて結論を出すのか、もう一度現物を視るのであれば品質保証の担当者を来させるべき、此の様にオペレータに告げました。

 今になってもヤマト運輸からは何の回答もありません、ヤマト運輸はこの様な問題を本気で対応する気があるのでしょうか、私の目にはドライバーに全ての責任を押付けて、会社は頬被りする積もりにしか見えません。

 噺を祇園祭に戻します、今年撮影した写真をもう一度見渡して、添付し忘れた作品をご覧頂こうかと思います。
 添付写真の一枚目は四条寺町のお旅所です。 普段は土産物店ですが祭の時にはお旅所に戻ります、17日の夜には三社の神輿が渡御して来て、24日の還幸祭までここに留め置かれます。 三社の神輿が飾られているお旅所です。
 二枚目の写真はお囃子です、鉦をアップにした作品ですがさて何処で撮影したものでしょうか?

 一寸前になりますがTVのニュースでは、宅配のドライバーが荷物を放り投げたり、蹴飛ばしたりしている映像が流されました、ヤマト運輸もこの様な企業の一つになってしまうのでしょうか。
 『野良猫ヤマトの宅急便』洒落では済まなくなりそうです。
posted by kazz at 18:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月29日

祇園祭 ’18-14 神輿洗い

2018.07.25a 014Bl.jpg 2018.07.25a 064Bl.jpg 2018.07.27 005Bl.jpg

2018.07.29

祇園祭 ’18-14
神輿洗い

 昨日は神輿洗いが中止になりました、午前中の神事用水清祓は例年通りに行われたのですが、夜に行われる肝心の神輿洗いは何故か中止です。 神社側の言い方をすれば「場所を神社の境内に変更して催行した」になるのでしょうが、神社の境内で行っても意味が無い様に思います。 10日の神輿洗いは宮川の水から歳神を招いて祇園祭を行い、28日の神輿洗いは祭が恙無く行われたので歳神を宮川にお還しする、この様な神事だったのではないでしょうか。 そうであれば水辺で行うのが神事本来の在り方かと考えられます。
 祇園祭の本来は神の怒り(自然の猛威)を鎮める、雨・風・疫病などから守ってもらう事だった筈です、それを台風が来ているから中止では本末転倒です。
 此の10年ほど八坂神社がおかしいのです、何故か観光客(観衆)を遠ざけようとしているのです、彼方此方にロープを張り巡らし、警察に押し切られているのか、とにかく規制規制です。 其れとも問題が起きた時に備えての、先手の逃げなのでしょうか。
 もしかすると八坂神社は神様の怒りをかっているのではないでしょうか、其れとも嫌われているのでしょうか。

 その様なわけで神輿洗いの写真が撮れておりません、今回は後祭の山鉾解体の写真をお目にかけます。
 添付写真の一枚目は南観音山の解体風景です、二枚目は同じく北観音山です。 同じ曳山の松切りのシーンですが違いがお分かりですか、両山とも枝を落としてから幹を切って行くのですが、南は幹に穴をあけて棒を差し込み足場にするのに対して、北は梯子のようなものを幹に紐で固定して足場にします。
 三枚目の写真は大丸百貨店のショーウィンドウで撮影した、瀧雄神社の龍頭です。 前回のブログ「祇園祭’18-13」で書きました、撮り残していた祇園祭です。

 私の祇園祭2018は今日で終わりです、明日は東京に戻りますが、普段の吉祥寺の生活に戻るまでにはチョット時間が必要な感じです。
posted by kazz at 18:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする