2020年11月29日

徘徊歳時記 ’20-55 モミジ

2020.11.28 173Bl.jpg 2020.11.27 224Bl.jpg

2020.11.29

徘徊歳時記 ’20-55
モミジ

 寒い日が続いています、その所為でしょうか身体の調子がおかしいのです、フクラハギと膝の裏側が痛いと言うかツッタと云うかとにかく変です。 身体が冷えた為だと思うのですが、その証拠に撮影に出て少し歩いて温まってくると良くなります。

 昨日まで3日間連続で撮影に出ていました、3日連続で出て歩くと流石に疲れます、因って今日は休養日です、そしてこのブログを書いています。

 添付写真の一枚目は、昨日井之頭公園の池の辺りで撮影した楓の紅葉です。 池の水面が紅と黄が混ざった様な色に成っていますが、対岸の紅葉or黄葉が映り込んでいる為です、21日のブログでお見せした二枚目の写真のあの樹です。 あの時点では木の名前が解らなかったのですが、ネットで調べたところ落羽松(ラクウショウ)だと判りました、松とありますがスギ科の落葉針葉樹です。
 二枚目の写真は山茶花です、井の頭公園の桜の広場の周りで一昨日に撮影しました。 白の花のバックで紅の花がボケていますが、最初に紅を見付けて撮影していると、裏の方に白があるのに気が付きます。 白い山茶花を撮影して行くと、結果としてこの絵ズラになりました。

posted by kazz at 15:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月25日

祇園祭 ’20–20 蘇民将来子孫也

展)蘇民将来 009Bl.jpg 展)蘇民将来 012Bl.jpg

2020.11.25

祇園祭 ’20–20
蘇民将来子孫也

 今日は朝から雨です、そしてここ三日ほどは寒い日が続いています、そんなこんなでチョット体調を崩しています、寄って21日を最後に撮影に出掛けておりません。

 今日は私の第3回目の写真展『蘇民将来子孫也』で使用した作品からご覧頂きます。
 蘇民将来とは、素戔嗚神話に登場する人物(神)の名前で、その子孫たちは疫病から守られるということです。 話を簡略化し過ぎでしょうか、詳細は八坂神社の神官に伺うなり、ネットで調べるなりして下さい。

 添付写真の一枚目は、写真展『蘇民将来子孫也』の案内状に使用したものです。 祇園祭の撮影では大勢の方々にお世話に成っていまが、神輿の関係者の中で最初に私を拾い上げてくださった方です、残念なことですが20年以上前にお亡くなりになっています、大変お世話に成った方です。
 二枚目の写真は、一枚目の写真の方のお宅の前です。 神幸祭の日は昼過ぎにボスの家に集まって、そこで法被に着替え、揃って八坂神社に向かうのですが、清めの塩を踏んでから出掛けます。

posted by kazz at 16:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月21日

徘徊歳時記 ’20-54 不出来な一枚

2020.11.21 068Bl.jpg 2020.11.19J 016Bl.jpg

2020.11.21

徘徊歳時記 ’20-54
不出来な一枚

 今日は朝から青空が出ていて良い天気でした、でも風が強かった一日でもありました、風に関しては昨夜来のことで、今朝外を見たときにも大きな木が揺れていました。

 朝から風が強かったので撮影は無理かなとの思いもあったのですが、考え方をチョット変えて風を撮影して見よう、こんな発想に至りました。 この季節の風と云えば木偏に風と書いてカエデ『楓』です、風に揺れている楓の紅葉を撮影するのは如何でしょうか。
 いつもですと、風で花が揺れると撮影出来ないなどとウダウダ言っているのですが、今日は風に揺れている楓の紅葉です。 風に揺れている感じがうまく撮影出来ません、動いている様な又、止まっている様なそんな感じが上手く出せません。 それが一枚目の写真です、2Gのメモリをフルに使ったので、200カットほど撮影した計算になります、如何にかお見せ出来るのがこの1カットです。 天気の良い日はダメな様です、曇りの日にでも再度挑戦して見ます。

 添付写真の二枚目は、一昨日に井之頭公園で撮影しました、池の中の島にある水生動物園の黄葉の風景です。 箱庭の様な井之頭公園の中で、唯一と思われるスパンの大きな風景です。

posted by kazz at 19:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月15日

徘徊歳時記 ’20-53 御茶ノ水

2020.11.14 193Bl.jpg 2020.11.14 006Bl.jpg

2020.11.15

徘徊歳時記 ’20-53
御茶ノ水

 コロナウイルス大変です、第三波と考えた方が正解なのではないでしょうか。 しかし状況は自治体によって違いが出ている様です、Go To何とかをはじめとする対策は、自治体ごとに行う方が効果的な様に思うのですが。 でも対策費用は国が持つしか無いのでしょうか、東京、大阪、名古屋などは別にして、地方の小さな自治体ではやはり無理でしょう。

 11/9から昨日までの6日間で5回撮影の出ました、俳諧もありますが目的を決めての撮影もあります、とにかく疲れました。
 昨日、井の頭公園で撮影した成果をご覧いただきます。

 添付写真の一枚目は御茶ノ水です、御茶ノ水と言っても神田の御茶ノ水ではありません、井の頭公園の池の水源、神田川の水源です。 落ち葉がもう少し多くあると面白かったかと思いますが、如何でしょうか。
 二枚目の写真は蜘蛛の巣に捕まった落ち葉です。 露出を決めるのにチョット苦労しました、これ以上オーバーにすると落ち葉の黄色が無くなってしまいます、又アンダーにすると蜘蛛の糸が見えなくなってしまいます、この辺りが妥協点でしょうか。

posted by kazz at 18:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月11日

徘徊歳時記 ’20-52 吹寄せ

2020.11.09 047Bl.jpg 2020.11.09 083Bl.jpg

2020.11.11

徘徊歳時記 ’20-52
吹寄せ

 アメリカの大統領選挙はバイデンさんで決まりの様ですが、現職のトランプちゃんは負け惜しみの法廷闘争だとか、私的には対岸の火事ですので気軽に見ていられます。
 朝の寒さが段々と冬になって来ています、柿の葉、桜の葉、その他諸々の葉が紅や黄色に色着いて楽しませてくれています。 一昨日は玉川上水を徘徊しました、成果報告をさせて頂きます。

 添付写真の一枚目は吹寄せの落ち葉です、どうも吹き溜まり、又は掃き寄せた落ち葉の様にも見えて来るのですが。
 二枚目の写真の実ですが、緑、紅、茶と色が変化して行く、そんな流れが面白かったのでシャッタを切りました、何の実なのかは不明です。

posted by kazz at 18:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月06日

徘徊歳時記 ’20-51 唐楓

2020.11.05 064Bl.jpg 2020.11.05 011Bl.jpg

2020.11.06

徘徊歳時記 ’20-51
唐楓

 アメリカの大統領選挙ですが、勝敗が確定する寸前でどちらが勝つのか混迷状態になっています。 この24時間は双方陣営共に獲得選挙人の数が変わってない様です、またトランプさんの演説の声が些か弱くなって来ている様にも感じられます。

 今日は朝から寒々しく曇り空ですが、昨日は青空で陽が射して歩くと暑くなるくらいでした、昨日は善福寺公園とその周辺を徘徊しました。
 添付写真の一枚目は善福寺公園の下池の辺りで撮影した唐楓(トウカエデ)です。 色着き始めた葉は全体の一割以下で、紅く成り始めた葉でも一枚の中で緑と紅が鬩ぎ合っている状態です。
 二枚目の写真は小紫(コムラサキ)です、善福寺公園の近くの住宅街で撮影しました。 小紫は紫が通常ですが白もあります、紫は過去に何度も撮影していますが、白小紫は今回が初めてです、寄って盛りが過ぎていますが撮っておきました、来年が楽しみです。

posted by kazz at 17:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月03日

徘徊歳時記 ’20-50 照り葉

2020.11.01 027Bl.jpg 2020.11.01 040Bl.jpg

2020.11.03

徘徊歳時記 ’20-50
照り葉

 朝は曇り空だったのですが今は陽が射しています。
 アメリカの大統領選挙ですが、何でも有りの現職トランプちゃんのあの横暴ぶり、共和党の内部からも問題視されるのではと、些か疑問に思ったのですが。 ソ連との冷戦が終了したいまの状態、アメリカ国民全体に蔓延する気の緩み、この様に説明されると納得せざるを得ません。
 これに比べると我が国の予算委員会、学術会議の問題を追求する野党も答弁する菅総理も、イマイチ軽い様に感じますこれって私だけでしょうか。

 一昨日、井之頭公園の池の周りを徘徊しました、秋が深まったよりも、もう冬だなと感じました。
 一枚目の写真の鳥は、鷺(サギ)だと思います。
 二枚目の写真は柿の照り葉です、こんなところに初冬を感じるのですが。

posted by kazz at 15:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月28日

徘徊歳時記 ’20-49 竜胆

2020.10.27 038Bl.jpg 2020.10.27 079Bl.jpg

2020.10.28

徘徊歳時記 ’20-49
竜胆

 今日は朝から曇り空です、曇りと言ってもドヨンと厚い雲が出ている訳ではありません、薄い雲が空全体を覆って陽射しが見えない状態です。 と言う事で今日の散策は見合せです、昨日と一昨日は撮影に出ました、両日共に井之頭公園の池の周りを歩いたのですが、一昨日はどんな花が咲いているのかと歩き回る徘徊状態でした。 昨日は一昨日に撮影したところの撮り直しになりました。

 一昨日の俳諧の時に竜胆の花を見つけてトライしてみました、パソコンにSaveして画像をチェックすると、今一の出来映えです。 サイドライトからレンブラント状態で花弁に陽が射し込んでいます、日の当っている花弁は良いのですが、バックに咲いている花弁や草には陽が当てっていません。
 これですとバックが沈んで、コントラストがつき過ぎて、好ましい絵にはなりません。 また、日陰になった花を中心に撮影すると、こちらは華やかさに欠けます。 何方にしても出来損ないです、よって昨日の撮り直しになりました。

 添付写真の一枚目は、昨日撮り直した竜胆(リンドウ)ですいかがでしょうか。 久し振り、いや何年かぶりで、フラッシュを使用して花の写真を撮りました。
 二枚目の紅い実の枯れ枝の写真ですが、鎌柄だと思います。 過去に1or2度撮影した記憶はあるのですが、名前が分からずにしておりました、このたび調べて見たところ鎌柄(カマツカ)では無かろうかの結論になりました、確信はありません。 木の高さが5〜6m位の紅葉落葉樹で、10月頃に紅い小さな実を付ける事は間違いありません。

posted by kazz at 15:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月23日

祇園祭 ’20–19 写真展『宵々山』

展)宵々山 024Bla.jpg 展)宵々山 024Bl.jpg 展)宵々山 001Bl.jpg

2020.10.23

祇園祭 ’20–19
写真展『宵々山』

 今日は朝から雨が降っています、低気圧が来ているので朝から身体がダルイ一日でした、こんな日は撮影にも出られませんし、またグログを書くのもシンドイくらいです。

 今回の祇園祭写真展シリーズは、第2回目の写真展『宵々山』よりご覧頂きます。
 写真展『宵々山』は祇園祭の見所の一つである、宵山の3日間にスポットを当てた写真展です、前祭と後祭が合同で曳き廻しをしていた時代の作品ですので、7月14•15•16の3日間が中心で、現在行われている後祭(21日〜23日)の宵山は含まれておりません。

 添付写真の一枚目は写真展の案内状に使用した写真です、函谷鉾の駒形提灯を撮影したものですが、トリミングをして使用しています。
 二枚目の写真は、案内状に使用した写真の原画です。 案内状に使用するのであれば、やはりトリミングをした方が好ましいかと思います。 現在の私でしたら双方のカットを撮影するのでしょうが、あの時代の私には使用目的を頭に描いて撮影をする、こんな器用な事はチョット無理だったかと。
 三枚目の写真は、鉾建てが始まった日の北観音山の町内の風景です、ちょうどこの時期に木槿の花が咲き始めます。 北観音山は後祭の山ですが、11日の山建の日に撮影した写真です、祇園守りでは無いのが残念です。

posted by kazz at 18:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月18日

徘徊歳時記 ’20-48 飯桐

2020.10.18 015Bl.jpg 2020.10.18 034Bl.jpg

2020.10.18

徘徊歳時記 ’20-48
飯桐

 ここ数日寒い日が続いています、私的にはこの時期が一年中で一番弱い時期です。 二週間ほど前にもあったのですが、立秋を過ぎてからor10月に入ってから、急に寒くなった日がダメなのです、12月に入れば寒いのが日常なので身体も寒さに慣れています。

 寒い寒いと言っていても暖かくはなりません、カメラを持って歩くのが1番では無いでしょうか、何かが撮影出来れば1石2鳥でしょうか。

 添付写真の一枚目は飯桐(イイギリ)です、皆さんご存知の薄いブルーの花を付ける桐とは別の種類です。 手元の資料に依ると桐はゴマノハグサ科キリ属、そして飯桐はイイギリ科イイギリ属です。
 二枚目の写真は牡丹臭木(ボタンクサギ)です、祇園祭から帰って来た時期にも咲いていて、1度枯れてからまた咲き出した様子です。 アジサイに似ていますが、花弁も葉も肉厚です、また臭が強いのも特徴でしょうか、牡丹臭木です。

posted by kazz at 19:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする